イッテQヤラセ疑惑 参加したラオス少年「日本人のイベントと聞いた」

カテゴリ:ワールド

日本テレビの「イッテQ!」に向けられた、ヤラセ疑惑。

ラオス政府が動いた。

細い橋を自転車で渡り、ゴールを目指す挑戦者。

日本テレビの人気バラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」に突如、やらせ疑惑が浮上した。

2018年5月、ラオスの橋祭りとして放送された内容が、実際にはラオスで存在しないイベントだった疑いがあると週刊誌が報じた問題。

これが今...。

「ラオスの祭りでも文化でもない」と、ラオス政府関係者が祭りの存在を否定。

さらに、政府として今後の対応を協議していることがわかった。

日本テレビ側は8日、やらせ疑惑についてコメントを発表。

「番組サイドで企画したり、セットなどを設置した事実はない」としたうえで、「ラオスの情報文化観光省には、番組の趣旨を十分に説明し、正式な手続きをへて、当局の許可をいただいた」と説明した。

しかし、ラオス情報文化観光省の関係者は、「“祭り”を紹介する企画だと事前に知っていたら、許可は出さなかった。なぜなら、このイベントは本当の祭りではないからだ」とコメント。

また、番組収録のコーディネートを行った会社は、「自転車で橋を渡るイベントを提案し、セットを組んだ。参加者は自分の会社で集め、賞金も支払った」とコメントした。

「橋祭りは、番組の企画のために自分たちが提案した」と、日本テレビ側とは異なる説明をしている。

“ラオスの橋祭り”に参加した少年は、「(参加することについてどのように誘われた?)『日本人がイベントをやるから参加しませんか?』と先生が言った。全部で30人くらい参加してほしいと言っていた」、「コーチから、サッカーのトレーニングになると言われた」などと話した。

こうした中、ラオス政府は今後に向けた対応を協議。

関係者は、「日本人は誠実な人たちだと思っていた。今後は、もっと申請を精査する必要がある」と話している。