京都1億円強盗事件 共犯の女が元議員秘書に現場案内

カテゴリ:国内

2010年、京都市の住宅に押し入り、1億円を奪った疑いで元国会議員秘書の男が逮捕された事件で、共犯の女が、被害者の家を狙うよう仕向けたことがわかった。

強盗致傷などの疑いで逮捕された上倉崇敬容疑者(44)は2010年、京都市左京区の住宅に宅配業者を装って押し入り、現金1億円を奪った疑いが持たれている。

事件当時、上倉容疑者は、二之湯智参議院議員の公設秘書をしていた。

二之湯智参院議員は、「びっくりしてますよ。秘書をやってる時に、非常に日常生活が乱れているから、もっとしっかりしないといけないと、常に注意していた」と話した。

この事件では、知人の西谷真弓容疑者(59)が、共犯として逮捕されているが、その西谷容疑者が、被害者の家に多額の現金があると上倉容疑者に教え、家の近くまで案内していたことがわかった。

警察の調べに対して、2人が容疑を否認していることも新たにわかったが、警察は、2人の間に奪った金の受け渡しがあったとみて捜査している。

(関西テレビ)