「徴用工」追加訴訟呼びかけ

カテゴリ:ワールド

元徴用工に賠償を支払うよう、日本企業に命じた韓国最高裁の判決を受け、元徴用工を支援する団体が、追加の訴訟への参加を呼びかける説明会を開いた。

7日、済州(チェジュ)島で行われた説明会には、戦時中に徴用されたと主張する人や遺族など、およそ50人が参加した。

韓国では現在、元徴用工をめぐる裁判が14件進行中で、およそ1,000人が日本企業に賠償を求めている。

支援団体は、7日の説明会で追加の訴訟に参加するよう、参加者に呼びかけた。

元徴用工と主張する男性(90)は「自分も提訴したい。悔しさを晴らさなければならない」と話した。

支援団体は、同様の説明会を、さらに10回ほど行う予定で、今後、訴訟が拡大する可能性が高まっている。