東京駅 4割超が“改ざん装置” KYB免震データ不正

カテゴリ:国内

JR東京駅に設置されたKYBの免震装置158台のうち72台が、検査データが改ざんされていたことがわかった。

JR東日本によると、KYBの免震装置オイルダンパーは、東京駅には158台設置されていて、このうち、検査データ改ざんによる国交大臣認定基準に不適合なものが33台、JR東日本との契約の基準を満たしていないものが39台で、データ改ざんされた製品が全体の4割以上の72台だった。

JR東日本は、耐震性には問題はないとしているが、今後、不適合品の対応をKYBと協議する方針。