空自戦闘機が空中接触 パイロットにけがなし

カテゴリ:国内

航空自衛隊のF-2戦闘機2機が、飛行中に空中接触した。

自衛隊が公開した、空中接触した戦闘機の写真。

1機は機体後ろの垂直尾翼の上部が損傷し、もう1機は左主翼の下にあるミサイルランチャーの一部が損傷していることがわかる。

2日午後3時50分ごろ、福岡県の航空自衛隊築城基地に所属するF-2A戦闘機2機が、基地の西およそ200kmの海上で訓練を終え、お互いの機体に異常がないか確認しようと近づいたところ、空中で接触した。

2機は基地に帰還し、パイロット2人にけがはなかったということで、自衛隊は、事故当時のくわしい状況を調べている。