安田純平さん帰国「可能な限り説明」 母のおにぎりに笑顔

カテゴリ:国内

「3年半ぶりの夫は痩せていた」。

帰国した安田純平さんと、家族が再会。

25日夜、成田空港の一室で撮影された写真。

無事を信じて待ち続けた両親と妻。

そして、ようやく帰ってくることができた安田純平さん。

その手には、母親手作りのおにぎりが。

シリアで拘束され、3年4カ月ぶりに日本に帰国したジャーナリスト・安田純平さん。

午後7時40分すぎ、妻の深結(みゅう)さんが会見を開き、再会の様子を語った。

安田純平さんの妻・深結さん

「廊下に見えた瞬間、駆け寄って、抱きついたんですけど、『おかえりなさい』って。本人は照れていました」

「体力が落ちているようです。かなり痩せてました」

経由地への機内で、「40カ月、日本語を話していないので、なかなか言葉が浮かんでこないですけど」と話した安田さん。

妻・深結さん

「日本人ということを言ってはいけないと。名前も言ってはいけないと。かなり、しんどかったっていうことは」

「両親が年なので、会えなくなるかもしれないと。そこは、すごく心配していた」

「母が作ってきたおにぎりと、きんぴらごぼうなどをうれしそうに食べています、今」

「(純平さんに一番してあげたいことは?)あったかいお風呂に入ってもらって、お布団で寝てほしいですね」

メディカルチェックのため、病院に入院した安田さん。

妻を通じ、「可能な限りの説明をする責任があると思っています。折を見て対応させていただきますので、きょうのところはご理解ください」とのコメントを出している。