規制対象外!あなたも自由に飛ばせる200g以下の“売れ筋ドローン”を実際に飛ばしてみた

カテゴリ:国内

  • 撮影映像・写真のクオリティはそれぞれに特徴あり
  • 全機種 初飛行でも操作性に問題はなし
  • 飛行“球体”は手のジェスチャーで操作する新感覚ドローン

いまや自動車並みのスピードが出て、4K動画撮影はもちろん、対象物の自動追尾に、全方位障害物回避、GPSを利用し離陸場所に自動で戻ってくるなど、もはや飛行から撮影まですべて自動でやってくれるのではないかと見まがう機能がてんこもりの最新ドローン。
しかし、こうした「高機能」な機種は全て200g以上。国内では航空法の規制対象となり、原則人口密集地の上空は飛ばせないなどの条件がつくほか、場合によっては国交省に届け出が必要となり、勝手気ままに飛ばすことはできない。値段も高いもので数十万円と、購入にはかなりの勇気が必要だ。 

しかし、トイドローンやホビードローンとよばれる200g以下のドローンは規制の対象外で基本的に飛行は自由。値段も数千円から1万円台と手ごろだ。しかし、お手軽なだけに機能も“そこそこ”なんじゃないのか?との疑問がつきまとう。そこで、その実力のほどを徹底検証した。
(※Amazonでの販売価格・税込み 価格は掲載時で変動している可能性があります)

アマゾンで売れ筋!HolyStone HS160 ¥7920

まずはアマゾン売れ筋ランキングの常連、お手頃価格ドローン、Holy Stone社のHS160。
羽が折り畳みタイプなので、そのままカバンにいれられるコンパクトタイプ。コントローラーが付属し、その上部にスマホを取り付けることができる。コントローラーだけで飛ばすことができるが、写真・動画撮影をするにはスマホが必要。

ボタンひとつで自動離陸。「ホバリング機能」は無風の部屋でも少しずつずれてしまう。移動スピードは比較的ゆっくり。急に加速することもないので、どこかに衝突させる心配は減る。上下左右への動きもストレスを感じることはなく、操作性に問題はない。対象物にむけて狙ったとおりに飛行できた。前後に白と赤のライトがつくので、飛行中の向きがわかりやすい。

ただコンパクトになる分、プロペラにガードがなく、もし何かにぶつけてしまったときは、プロペラや対象物を破損させてしまう可能性も。こどもがいる場合は、なおさら注意が必要だ。機体のカメラは手動で角度をかえることができるので、飛行前に向きの確認を。動画はすこし揺れる感じでまずまず。写真の画質もアップにすれば多少粗いが、遊ぶ分には十分だ。値段、スピード、画質など総合的に勘案して初心者向けとみた。

Holy Stone社 HS160
機体重量:83.5g  操縦可能距離:50m 飛行可能時間:6分(※バッテリー2個付き)

本格ドローン大手のDJIが参入  Tello ¥10260

衝撃の小ささ。想像していたよりも3周りくらい小さい。本体はたばこの箱の半分くらい。まさに手乗りドローン。プロペラは折りたためないので、そのぶん大きさはかさむが、それにしても小さい。プロペラのガードは取り外し可能。専用ケースも販売しているので、これさえあればプロペラを傷つけることなく持ち運びが可能だ。

操縦はこちらもいたって簡単。離陸はボタンひとつ。ホバリング機能は完璧だ。動きはまさに「機敏」という文字がぴったり。上下左右、指先の動き通りにきびきびとした動き。この小ささで、ぴたっと空中にとどまるその性能には驚きだ。

動画はデジタルブレ補正がついているのでまるでスタビライザーがついているかのような安定ぶり。ゆっくりした動きなら問題ないのだが、大きくパーンするとときたま映像が飛ぶのが気になったが、ホビーとしてならば問題はないだろう。

初飛行でも操作は超簡単

別売りオプションでプロペラや本体のカラーをかえることが可能。本体をまるまるガードする網のようなカバーも他社が販売している。飛行が不安なはじめのうちはこれさえあれば、なおさら安心だ。 


DJI社 Tello
機体重量:81.6g 操縦可能距離:100m(高度10m) 飛行可能時間:13分

球を発射できる!物をつかめる!運べる! 少年の夢ドローン Parrot Minidorone MAMBOMISSION  ¥16,571

アタッチメントを変えれば、プラスチックの球を発射できるうえに、物をつかんでそのまま飛行することができる、一味違う機能が搭載されたドローン。

飛行自体はTelloとほぼ同等。機敏な動き、ホバリングの安定性にストレスなし。はじめから思った通りの飛行が可能だ

まずは球発射機能「cannon」。このアタッチメントを装着すると、自動的にスマホに「発射ボタン」が表示される。このガジェット感がたまらない。ホバリングは安定しているので、発射に専念できる。
スマホ上のボタンを押したのち、1秒~2秒ほどのディレイがあり、球発射(1.5秒ごとに発射可能)。飛行が安定しているとはいえ、ごくわずか上下左右に動いているため、初心者で命中率は80%ほど。友達同士で遊びの幅が無限に広がる予感。何度か発射し、見事紙コップに命中!

次に4g以下のものを運ぶことができる「Grabber」。今度はスマホに「つかみ」ボタンが。おしてみると・・・飛行中のドローンの腕がひらいた!そして閉じる!なんともかわいらしい動き。しかし・・・どうやってものをつかませれば・・・ホバリング機能で安定飛行中のドローンのうでの目の前に名刺をもち、片手でボタンをおしてみると・・・確かにつかんだまま飛行した!

目標の机まで飛行させ、そこで腕を開けば「ポトン」。これまた遊びの幅が広がりそう。

もちろん写真や動画撮影もできるが、室内で「遊ぶ」ことを目的に考えれば、まさに未来のおもちゃ。これまでの機種に比べると値段はすこし高くなる分、この機能を考えれば十分に納得の逸品だ。

Parrot Minidorone MAMBOMISSION
機体重量:63g 操縦可能距離:最大100m 飛行可能時間:最大10分

“直感操作”でまったく飽きない独特の動き バンダイ エアロノヴァ ¥3709

これまでのドローンの概念をぶち壊す、手のジェスチャーで飛行させるドローン。説明書を読んでも、動きがまったく想像できない。カメラはついていないので、完全に「おもちゃ」の部類だ。

まずは「電源をいれて胸元から落とせ」と・・・いや、電源をいれてもプロペラ回ってないんですけど・・・ま、でも説明書に書いてあるので、言われたとおりに胸元から落としてみると・・・床直撃!とおもいきやその直前に突如プロペラが作動。ホバリングモードに。

センサーが作動し、自動でプロペラがまわる仕組みだ。

このドローンには5つのセンサーがついていて、手の動きをよみとり、プログラムされたとおりに動くという。下に手をかざせば上昇、横に手をかざせば、その反対方向に飛行した。この浮遊感はなんともイリュージョン

何度か試してみると、おお、体のまわりを一周した。

ただ、私の手の動きが悪いのか、100%言うことを聞いてくれない。でも、この不確実性が癖になり、大のおとなが一生懸命ドローンにむかって、手をかざす、かざす、かざす!

おとなが夢中で飛行球体に手をかざす

しかも、このドローンの「ホバリング」は、つねにふらふらと漂う感じ。そのため、ドローンに合わせて自分も動いて一生懸命手をかざす。もはや、どちらが遊ばれているのかわからない。いろいろなプログラムを完全にマスターするまで飽きさせない。これまた子供が大はしゃぎしそうな代物だ。 


バンダイ エアロノヴァ
機体重量:49g 飛行可能時間:5分

値段も機能も多種多様なトイドローン。群雄割拠のドローン戦国時代のなかでの売れ筋商品なだけあり、いずれの機種も「新感覚のおもちゃで遊びたい」「入門用にためしたい」など、さまざまな目的を十分にかなえてくれるドローンだ。

しかし自由に飛ばせるとはいえ、間違っても人にぶつけてしまわないように、安全な一定の広さを確保したうえで、しっかりと周囲の確認をしてから飛ばそう。

(執筆:フジテレビ プライムオンラインデスク 森下知哉)