サウジは“怖い国”なのか? 記者不明...皇太子関与か

カテゴリ:ワールド

さまざまなニュースの疑問を解明していく、「はてな」。

12日は、サウジアラビアの次の国王と称されているムハンマド皇太子(33)。

実は、大の親日家で、新婚旅行は日本に来た。

しかも、小さいころから、日本のアニメとか漫画が大好きという。

ちなみに、サウジアラビアは地図で見てみると、日本から離れること、およそ9,000km。

しかも、世界でも入国するのが極めて難しい国ではあるが、日本との交流がこれまであったことから、日本人が、これから観光できるかもしれない。

しかし先日、サウジアラビア政府を批判する記事を書いた記者が拘束された。

これを指示したのが、もしかしたらムハンマド皇太子ではないのかという話も起きている中で、新たな情報が入った。

アメリカのワシントン・ポストによると、11日、トルコ政府がアメリカ当局者に対して、拘束されたかもしれない記者が、サウジアラビアの総領事館内で殺害されたことを裏づける音声や映像があると伝えたと報じた。

また、この記者は殺害の末、遺体を切断されたとしている。

はたして、サウジアラビアという国は、怖い国なのか。