「花田光司さんになりました」後援会に引退あいさつ

カテゴリ:国内

元貴乃花親方が、後援会に引退のあいさつ。

そこでつけられたニックネームは...。

貴乃花光司から、花田光司へ。

11日夕方、これまで、元貴乃花親方が大相撲九州場所の際に本拠地としていた、福岡・田川市で、後援会に引退のあいさつを行った。

貴乃花部屋の後援会といえば、元貴乃花部屋の後援会長は突然の引退表明を受け、「親方が“決断が固い”とか報じられていますが、1つの望みとして、部屋を残してもらいたい。ただそれだけでございます」と、涙ながらに部屋の存続を訴えていた。

しかし11日、元貴乃花部屋の後援者は、「びっくりしましたよ。きょう来たら親方座っとる。やっぱり親方は『すまん』という気持ちをわたしたちに表したかったんでしょ。それが親方のいいところ」と話し、後援会長は、「(皆さんにも相談がなかった?)それは、(相撲)協会とのね、奥深い、そういうのがあるんでしょうね。自分たちもわかりません」と話した。

後援会への引退あいさつは、終始和やかに行われたという。

懇親会のあと、元貴乃花親方に話を聞くと...。

元貴乃花親方・花田光司氏は「(皆さんと話して、どうだった?)和気あいあいと終わりましたけど。(今後は『花田』光司か『貴乃花』光司か?)きょう、花田光司さんになりましたよ。(皆さん『花田さん』と?)皆さんは、小さいころから面倒見てもらってる方なので、もともと『光ちゃん』ですので、『光ちゃん』でいきましょうと」と話した。

そんな“光ちゃん”の気になる今後については...。

元弟子との今後について、元貴乃花親方・花田光司氏は「(福岡に来て、(弟子の)場所見たりしない?)しないです。緊張しますしね。(テレビで元弟子を応援?)はい、そうですね。いやまあ、今は新しく師匠ができて、その師匠からもちゃんと習って、それで本人たちが迷ったりしたら、東京の土俵にしこ踏みに来て、汗かきに来たらいいと思う」と話し、政界進出については、「(いろいろな方から声がかかっていると思うが...?)それはまた何か、政治の話ですか? 政治は出ませんよ、本当に出ませんよ。完全に出ませんので」と話した。

角界から政界への進出を完全否定。

さらに、相撲解説者への道についても...。

元貴乃花親方・花田光司氏は「(解説者への道について?)いや、わたしは全くないです。(声があっても?)今後全くないです。はい、断言します。全くないです。今度また、ここ田川で、ちびっこの相撲がありますので、やっぱり子どもたちが相撲に携わってくれることは、相撲人として生きてきた者は喜びでありまして」と話し、今後は子どもたちの指導を行い、ちびっこ相撲の普及に努めていきたいと話した。