助っ人は“最強ラッパー”トランプ氏と相思相愛?

カテゴリ:ワールド

いよいよ、中間選挙が11月に迫ったトランプ大統領だが、エンタメ界を巻き込んでの選挙選が過熱しそう。

先日、反トランプを表明したテイラー・スウィフトさんに対し、11日、今度は人気ラッパーのカニエ・ウェストさんがトランプ支持を表明。

人気ラッパーと歌姫による代理戦争、どこまで中間選挙に影響するのか。

トランプ大統領は、「民主党による、けしからん行いに対し、評価を下すチャンスが11月6日に来る。期日前投票もできる。ぜひ投票を済ませてくれ」と述べた。

大統領職2年の実績を問われる中間選挙を前に、連日、共和党支持を訴えるアメリカのトランプ大統領。

多くの支持者がかぶる赤い帽子に刻まれた「アメリカを再び偉大に」の文字。

共和党の苦戦も伝えられる中、11日、ある著名人がホワイトハウスを訪れた。

「僕は、この男が大好きだ! ぜひ、ハグをさせてくれ! 僕は、この男が大好きなんだ!」

「ありがとう」

トランプ支持を表す赤い帽子をかぶり、大統領に抱きついた男性。

アメリカ最強の黒人ラッパーの1人とされる、カニエ・ウェスト氏。

ウェスト氏は、アメリカ音楽界最高の栄誉とされるグラミー賞を、実に21回も受賞。

アメリカ「タイム」誌の、世界で最も影響力のある100人にも選ばれ、彼の音楽はもちろん、その発言は、若者を中心に大きな影響を与えている。

そのウェスト氏とトランプ大統領は、大統領選を通じて、すでに相思相愛の仲。

トランプ大統領は、「友人だよ、友人。いい人だ。よくやってくれている。昔からの友人だ」と述べた。

一方、ウェスト氏はSNS上で、トランプ大統領に愛のメッセージを。

「俺が彼を大好きなのを、やめさせることはできない。俺たちは2人とも、ドラゴンのエネルギーを持ってるからね」

ウェスト氏は、「あなたが僕をスーパーマンにしてくれた。僕が一番好きなスーパーヒーローだ」と話した。

面会では、ウェスト氏がおよそ10分間しゃべり続け、ラッパーとしての面目躍如。

ウェスト氏「兄貴、いきなりまくしたててすまん」

トランプ大統領「いや、かまわんよ。僕はなんでも話し合うつもりだ」

これには、いつものトランプ節も封印するほかなかった。

トランプ大統領は、「彼はすばらしいやつだし、なかなか切れる人物だ」と述べた。

トランプ大統領がウェスト氏を招待した背景には、人気黒人ラッパーとの親密さをアピールし、黒人票の獲得につなげたい思いが見え隠れ。

その一方で、ウェスト氏にはある因縁もあった。

先日、SNSなどで民主党支持を明らかにした人気女性歌手のテイラー・スウィフトさん。

このスウィフトさんに対して、ウェスト氏は、以前とんでもない行動を起こしていた。

2009年のミュージックビデオの祭典「MTVビデオ・ミュージック・アワード」でのひとコマ。

当時、最優秀女性ビデオ賞に輝いたスウィフトさんが受賞スピーチをしようとしたその時、ウェスト氏が突然ステージ上に乱入した。

そして、「ビヨンセのビデオが一番なんだよ!」と、スウィフトさんの受賞を批判する暴言を吐いたため、スウィフトさんのスピーチが時間オーバーでカットとなってしまった。

それ以来、アメリカのショービズ界では、2人の仲の悪さは周知の事実。

トランプ大統領を推す、黒人最強ラッパーと最強の歌姫。

中間選挙は、思わぬ代理戦争の様相も見せ始めている。