神野美伽(53)手術へ 足の骨に穴が開き激痛が走る「リスフラン関節症」とは?

  • 神野美伽「リスフラン関節症」で手術へ
  • 足の甲の骨に穴が開き 激痛を伴う病気 
  • 骨盤の一部を足に移植する手術を行う予定 

今年デビュー35周年を迎えた演歌歌手の神野美伽(53)さんが、足の甲の骨に穴が開き、激痛を伴う「リスフラン関節症」の一種と診断され、12月20日、両足の手術を受けることが分かった。

所属レコード会社によると、神野さんは3年ほど前から両足の甲に激痛が走ることがあり、1年ほど前に病院で検査を受けたところ「リスフラン関節症」の一種と診断された。

「リスフラン関節症」とは、一体どんな病気なのか?

足のクリニック表参道・桑原靖院長
足の「リスフラン関節」というアーチの頂点にある関節がググッっと崩れてきて炎症を起こして破壊されていくという病気です

足のクリニック表参道・桑原靖院長
男性よりも圧倒的に女性の方が足が弱くて悪くなりやすいんですけど、重症な偏平足の方だとか、重症な外反母趾の方、そういった方は60代後半~80代くらいになってくると、足のアーチがグッと崩れて「リスフラン関節症」になりやすいですね

「リスフラン関節症」にならないためには?

足のクリニック表参道・桑原靖院長
予防は、靴のインソールを活用するとか、正しい靴を履いてあげるとか、無理な靴を履かないとかいったことが中心になってきます

神野さんは1984年に歌手デビューし、翌年「男船」で日本レコード大賞の金賞を受賞、1987年にはNHK紅白歌合戦に初出場を果たした。

プライベートではテレサ・テンさんの「つぐない」や「愛人」などを作詞した日本を代表する作詞家の一人、荒木とよひささんと1999年に結婚。22歳の年の差を乗り越えての結婚は大きな話題となったが…

2010年、夫の女性問題などが報じられ、2015年に離婚が成立していた。

翌日手術を受ける神野さんは、19日ブログを更新し…

神野美伽:(ブログより)
新聞報道にありました通り、両足の手術を受けます。お医者様やトレーナーのお力を借りながら、痛みと向き合い戦って来ましたが、そろそろ限界のようです。
回復までには少々時間がかかりますが、これからまた万全の体でstageに立つために、精一杯の努力を致します。
不安がないと言えば嘘になりますが、大丈夫。

とコメント。

神野さんは20日自らの骨盤の一部を足へ移植する手術を受け、順調に回復すれば、1月27日のコンサートで仕事復帰する予定。

(プライムニュース イブニング12月19日放送より)

プライムニュース イブニングの他の記事