全日空パリ支店長 客にけが 機内でワイン6杯

カテゴリ:国内

全日空の52歳のパリ支店長が出張で、移動中の機内で酒に酔い、乗客にけがを負わせたとして諭旨退職となった。

諭旨退職の懲戒処分が下されたのは、全日空の杉野健治パリ支店長(52)。

全日空によると、杉野支店長は、10月2日、パリ発羽田行きの自社便のビジネスクラスに搭乗中、酒に酔って、隣の席の50代の女性にけがを負わせたという。

女性は頸椎(けいつい)捻挫で、全治2~3日と診断された。

杉野支店長は、出発から4時間半の間にワインを6杯飲んでいて、5日付で諭旨退職となった。

全日空は、「心よりおわび申し上げます」とコメントし、会長、社長の役員報酬を減額するとともに、グループ社員の空港ラウンジや機内での飲酒を、当面禁止するとしている。