台風25号が接近 骨折など7人けが 停電も

カテゴリ:国内

大型で強い台風25号は、沖縄本島の一部と久米島を暴風域に巻き込みながら北上している。

暴風警報が出ている、沖縄・那覇市。

5日午前5時ごろまでは、街路樹を大きく揺らすような風が吹いていたが、午前6時現在は、雨風ともに収まってきたような印象を受ける。

4日午後10時45分には、沖縄・渡嘉敷村で最大瞬間風速40.3メートルを観測した。

宜野湾市では、80代の女性が風にあおられて転倒し、足の骨を折るなど、県内でこれまでに7人がけがをしている。

また午前5時半現在、県内の2万4,960戸で停電が発生しているほか、モノレールやバスが始発の運行を見合わせている。

沖縄本島地方は、このあと昼ごろまで、暴風や大雨に引き続き警戒が必要。

(沖縄テレビ)