【速報】「骨格は継続していく」安倍首相・内閣改造後初会見

カテゴリ:国内

第4次安倍改造内閣が発足し、安倍首相が会見した。

この夏も自然災害が相次ぎ、全国で大きな被害が発生しました。

新しい体制のもと、政府・与党一丸となって復旧・復興を加速してまいります。

子どもたちを守るためのブロック塀の安全対策、熱中症対策としての全国の公立小学校・中学校へのエアコン設置も緊急に進めなければなりません。

集中豪雨や台風の多発、被害の甚大化など、近年の急激な気象変化を踏まえ、防災、減災、国土強靭化のための緊急対策を3年間集中で講じていく。

新任の山本防災大臣には早速、対策のとりまとめに着手してもらいます。

石井国土交通大臣と力を合わせながら、国土交通副大臣や政務官としてインフラ整備に携わってきた経験をフル活用し、強靭な故郷づくりに全力で取り組んでいただきたいと考えています。

歴史的な皇位継承まであと半年余りとなりました。その直後にはトランプ大統領、プーチン大統領、習近平主席、各国の首脳をお迎えし、日本で初めてのG20サミットを開催します。その翌年にはオリンピック、パラリンピックが半世紀ぶりに東京にやってきます。まさに歴史の大きな変換点、今こそ日本のあすを切り開くときである、先般の自民党総裁選において、私はその先頭に立つことをお約束しました。

本日、党役員人事・内閣改造を行いました。5年9カ月にわたる経済政策、外交政策など政権運営の骨格は、しっかりと安定感を持って継続していきたいと考えています。

二階幹事長、岸田政調会長には、今後とも党にあって政権の土台をしっかりと支えていただく考えです。

これまでもさまざまな形で安倍内閣の土台であった加藤さんに総務会長、甘利さんに選対院長を務めていただきます。

政府においては、経済政策の中核である麻生財務大臣にデフレからの完全脱却を目指し、引き続き全力投球していただきます。

菅官房長官には、これからも政府の要としてリーダーシップを発揮してもらう、同時に政権の最重要課題である沖縄の基地負担軽減、そして拉致問題を担当してもらいます。

歴史的な米朝首脳会談以降、北朝鮮情勢が大きく動く中、安倍内閣の総力を結集し、最も重要な課題である拉致問題の早期解決を成し遂げる決意であります。

河野外務大臣には、地球儀を俯瞰する視点で、いっそう積極的な外交を展開してもらいます。

世耕経済産業大臣には、全国の中小小規模事業者の皆さんの生産性向上に積極的に取り組むと同時に、ロシアとの経済外交を引き続きリードしていただきたい考えです。

今回新たに全世代型社会保障改革担当大臣を設けました。茂木大臣には、未来投資会議において人生100年時台を見据え、生涯現役社会を実現するための雇用制度改革について検討を開始してもらいます。

その改革を実行していく厚生労働大臣には、かつて厚生政務次官を経験した根本大臣。第二次内閣発足時に復興大臣として霞ヶ関の縦割り打破に強いリーダーシップを発揮した手腕で、大改革をけん引してほしいと思います。

来年10月から幼児教育の無償化、再来年4月からは真に必要な子どもたちの高等教育無償化を実践する。安倍内閣は未来を担うこどもたち、子育て世代に大胆に投資をして参ります。

文部科学大臣は柴山さんにお願いしました。私が幹事長時代、自民党として初めて候補者の全国公募を行った時選ばれたのが柴山さんです。

まじめで熱血漢、弁護士として培った経験を生かして全くしがらみのない、国民目線で教育行政の立て直しにあたってもらいたいと考えています。

今回は適材適所の考えのもと、これまでに最も多い12名が初入閣となりました。

若手からは山下法務大臣、当選はまだ3回でありますが検事出身で、法務政務官を務めてきました。

外国人材にかかる新しい就労資格の創設など、課題山積の法務行政を若い行動力で前に進めてほしいと思います。

総務大臣は、和歌山県の海南市長を務めたこともあり、地方自治に精通している石田さんにお願いしました。

オリンピック・パラリンピック担当大臣は、2020年の招致決定直後から文部科学副大臣として組織委委員会の立ち上げに携わった桜田さんです。

内閣府の政務官や経産副大臣、国会の厚生労働委員長や地方創生特別委員長など幅広い経験を重ねてきた渡辺大臣には、全町長の指令塔である復興大臣として総合力を発揮し、東日本大震災からの復興、福島からの再生を加速してほしいと思います。

環境大臣は原田義昭さんです。旧通産省の出身で、通産省時代公害行政を担当した経験もあり、党の外交部会長や衆議院の外務委員長を歴任した国際派です。そうした知見の上に地球温暖化、海洋プラスチックゴミなど国際的な課題にあたってもらいます。

安倍内閣の政策の柱である一億総括役の担当は、総理補佐官も務めていただいた宮越大臣にお願いしました。

政治経験も豊富で調整能力も高い方ですので、沖縄北方対策、少子化政策、行政改革、公務員制度改革などの重要政策を数多くご担当いただきます。

同じく内閣の最重要課題である地方創生の担当大臣には片山さつきさんです。

旧大蔵省出身で、政調会長代理も務めた政策通だけではなく、フットワークも軽く、強靱的なガッツの持ち主でもあります。

今回、女性の入閣は1人だけですが、2人分も3人分もある持ち前の存在感で、女性活躍の旗を高く掲げてもらいたいと思います。

今回は、それぞれの政策分野一筋で経験を積んできたその道のプロにも、たくさん入閣いただきました。岩屋防衛大臣は防衛政務官のほか、国防部会長、安全保障調査会長を歴任した安全保障の専門家です。

IT担当大臣の平井さんも、党においてIT戦略特命委員長を長年務めてきた、この世界の第一人者です。

吉川農水大臣は、農業が盛んな北海道の出身、農水副大臣も経験した農政通。

同時にこれまで党にあって農協改革のとりまとめやTPP、欧州とのEPAの対応を進めてきた方であります。

持ち前の改革マインドで農林水産新時代を切り開いてほしいと考えています。

自民党では、毎日さまざまな部会などにたくさんの議員が集まり、朝早くから活発な議論を交わしています。

その中からさまざまな政策を磨き上げていく、マスコミにもほとんどとりあげられることのない地味な世界ではありますが、そうした中で経験を積み専門性を高め、政治家に求められる高い調整能力を兼ね備えた人材、単にアピールするだけでなく、政策を確実に実行できる人材、いぶし銀の人材が自民党にはたくさんいます。

未来をしっかりと見据えながら新しい国造りを力強く進めていく、そのためには、新しい発想力を持った次代を担う皆さん、華やかな表舞台の裏で地道に能力の研さんに努めてきた皆さんに、できるだけ多くのチャンスをつくっていくべきだ、そう考えました。

この内閣は、それぞれのポジションで腕を磨いて来た実務型の人材を結集しました。

いわば、明日の時代を切り開くための全員野球内閣であります。

しっかりとした政権の土台の上に、12人の初入閣の皆さんには、これまで培ってきた経験や知見を思う存分発揮していただきたい。

共に平成のその先の時代に向かって希望にあふれ、誇れる日本を築かれていきたいと考えています。