【速報】ノーベル医学・生理学賞に日本人 本庶佑京大特別教授

カテゴリ:ワールド

2018年のノーベル医学・生理学賞が発表され、京都大学の特別教授・本庶佑さん(76)の受賞が決まった。

アメリカ・テキサス大学のジェームズ・アリソン教授と共同受賞。

京都大学高等研究院の特別教授を務めている本庶さんは、免疫学の世界的権威で、体に入った細菌やウイルスを撃退するため、リンパ球が抗体を作るさまざまなメカニズムを解明した。

特に、免疫を抑える役割を持つタンパク質「PD1」の発見は、新しいがん治療薬として注目されている「オプジーボ」の開発につながったことで知られている。

ノーベル財団は、日本時間1日午後、アメリカ・テキサス大学のジェームズ・アリソン教授との共同受賞を発表し、「負性免疫調整の抑制によるガン治療の発見」に貢献したとしている。

日本のノーベル賞受賞者は2016年、医学・生理学賞を受賞した大隅良典さんに次いで通算26人目。