札幌「爆発事故」の原因は“消臭スプレー”か?知らないと危険なスプレー缶の正しい“捨て方”

  • 42人が重軽傷を負った、札幌の爆発事故
  • 原因は、除菌・消臭スプレー缶の処理の際に給湯器の火が引火したとみられている
  • 意外と知られていない、スプレー缶の正しい処理方法とは?

爆発はなぜ起きた?

北海道札幌市の飲食店や不動産仲介業者が入る建物で16日の夜に起きた爆発事故。42人もの重軽傷者を出した。爆発があったのは、札幌駅から4キロほど離れた場所にある木造二階建ての建物だ。

現場の場所の爆発の前後の写真を比べてみると、爆発後には建物が崩れ落ち跡形もなくなっていて破壊力の大きさがわかる。

一体、この爆発は何が原因なのか?
捜査関係者によると、不動産仲介業者は、改装のために閉店する予定で、室内でその準備のために100本以上の除菌・消臭スプレーに残ったガスを抜く作業が行われていた。その後、ガス抜き作業をしていた従業員が手を洗うために給湯器に点火したところガスが引火して爆発したとみられている。

事故現場から回収される大量のスプレー缶

爆発後の現場では消防隊員や警察官が複数の「除菌・消臭スプレー缶」を手に取り調べている姿が見られた。

意外と知られていないスプレー缶の危険性

NITE(製品評価技術基盤機構)が行った、体を冷やす冷却スプレーの引火実験の映像がある。マネキンが来たTシャツの中に冷却スプレーのガスを充満させ、袖口に火を近づけた瞬間にTシャツが炎に包まれた。

ひとたび火の手が迫ると、たちまち爆発を起こす危険があるスプレー缶のガス。スプレー缶について研究する日本エアゾール協会の斎藤英明氏によると、こうした危険は私たちの身近なところに潜んでいるという。

2003年東京の東大和市では、飲食店で殺虫スプレーを使ったところ、ガスコンロの火に引火する事故が発生した。2006年には福岡市のアパートの浴室でスプレーを使った男性が風呂の種火に引火し、全治1か月の火傷を負った。

日本エアゾール協会の斎藤英明氏によると、スプレー缶のガスは火の気が近くにあると燃焼する。ファンヒーター暖房器具の周りに置くと危険だという。缶が温められて耐圧限度を超えると缶が破裂してしまうという。

頻発するスプレー缶に関する事故

都内のホームセンターを取材すると様々な種類のスプレー缶が並ぶ。ある製品の裏面には、成分には可燃性のエタノール。捨てる際には、必ず中身を使い切ってからと記載されている。

スプレー缶の処理を巡っては、ごみ収集車の中で残りガスに引火する火災が各地で発生している。その一方で東京消防庁によるとスプレー缶火災のうち約4分の1が缶への穴あけなどガス抜きの際に起きていた。

今回の爆発事故が起きた札幌市では、3年前にもスプレー缶の穴あけ作業中に引火する事故が相次いで発生している。
札幌市では2017年7月にスプレー缶のごみ捨てルールを「缶に穴をあけない」方式に変更。こうした動きは各自治体にも広がっている。

安全なスプレー缶の捨て方は?

では、缶に穴をあけずに、スプレー缶の中身を使い切り安全に捨てるにはどのような点に気を付ければよいのか?

スプレー缶に入っている可燃性のガスは空気より重いので、換気扇を回しても床のほうに留まる危険性がある。なので、ガス抜き作業は必ず屋外で行う必要があるという。

スプレー缶の捨て方に関して、環境省が各自治体に望ましいスプレー缶の捨て方を推奨しており、「穴をあけずに捨てることが望ましい」としている。
しかし、東京・立川市などでは中身を使い切ったうえで「穴をあけて捨てる」こととしている。これは、ごみ収集時の爆発事故があったため、ごみ回収業者の安全を守るために穴あけを推奨しているという。
いずれにしても重要なのは、最後までスプレー缶を使い切ることだという。

(プライムニュース イブニング 2018年12月17日放送分より)

プライムニュース イブニングの他の記事