新名称は「出入国在留管理庁」 2019年4月に入国管理局を格上げ

カテゴリ:国内

外国人の在留資格をめぐる問題への対応を強化するために、法務省が、入国管理局から格上げする組織の名称が「出入国在留管理庁」となる見通しであることがFNNの取材でわかった。

2019年4月から新たに設置される庁の名称は、「出入国在留管理庁」になる見通しで、入国審査官らが倍近く増員され、不法残留者を取り締まる「出入国管理部」や、働く外国人の環境整備を進める「在留管理支援部」が設けられる。

外国人労働者の受け入れ拡大を目指す一方で、不法残留者の取り締まりを強化するため、「入国」だけではなく、「出入国」を盛り込んだ名称になるという。