滑落か 60代夫婦の遺体 登山中に斜面を...

カテゴリ:国内

15日、滋賀・大津市の山中で、60代の夫婦の遺体が見つかった。

登山中に、斜面を滑り落ちたとみられる。

15日午前11時半ごろ、滋賀・大津市の明王谷で、登山をしていた男性から、「人のようなものが倒れている」と警察に通報があった。

警察などが捜索し、山の斜面を下った場所で女性の遺体を、そこからおよそ150メートル離れた場所で男性の遺体を発見した。

遺体は、大阪・豊中市に住む、河村 悟さん(66)と妻の恵子さん(63)で、警察によると、2人はよく山登りに出かけていたということで、発見された時も登山の服装をしていた。

警察は、2人が斜面を滑り落ちたとみて調べている。

(関西テレビ)