安倍首相ら警護中拳銃紛失 散歩中の男性が拾い届け出

カテゴリ:国内

14日夜、自民党総裁選の決起集会で和歌山県を訪れた安倍首相らを警護していた警察官が、実弾が入った拳銃を落とした。

14日午後7時50分ごろ、和歌山市橋向丁(はしむかいちょう)で安倍首相らの警護にあたっていた機動隊の男性巡査(20代)が、走行中の警察車両の窓から身を乗り出した際、実弾が入った拳銃を路上に落とした。

拳銃は、散歩中の男性が拾い、捜索中の警察官に届け出たという。

男性巡査は、安倍首相らが自民党総裁選の決起集会に出席したあと、移動する際の警護にあたっていて、和歌山県警は、拳銃の携帯方法について「不適切なところはなかった」としている。

(関西テレビ)