連休明けから節電目標なし 北海道“無理のない”節電協力を

カテゴリ:国内

経済産業省は、連休明けの18日からは、一律2割としていた節電目標を設定しないことを決めた。

節電目標の見直しは、14日午後、揚水発電所2基が稼働し、40万kWの電力供給力が追加されたためで、世耕経済産業相は、計画停電も当面実施する必要がなくなったことを明らかにした。

一方、老朽化した火力発電所がトラブルを起こして停止するリスクが残っていることから、経産省は、引き続き、北海道全域で電気の使用量1割削減に向けた無理のない節電協力を求めている。