VWビートル 80年の歴史に幕 EV製造にシフト

カテゴリ:ビジネス

フォルクスワーゲン「ビートル」の生産が、2019年で終了する。

ドイツの自動車大手「フォルクスワーゲン」は、13日、小型車「ビートル」の生産を2019年で終了することを発表した。

ナチスドイツ時代、ヒトラーによる大衆車構想によって初代モデルが開発され、「カブトムシ」の愛称で日本でも親しまれてきた丸みを帯びた名車が、およそ80年の歴史に幕を下ろす。

ディーゼル車の排ガス規制をめぐる不正で打撃を受けたフォルクスワーゲンは、EV(電気自動車)の製造にシフトしていて、EVやプラグインハイブリッド車を投入する計画を示している。