イブの夜10時は“魔の時間”…なぜ?心筋梗塞の発作ピーク

  • 『イブは心筋梗塞起こしやすい』との調査結果
  • イブの中でも「午後10時が最もリスクが高い」
  • 心筋梗塞リスクが高くなる理由は…

『イブは心筋梗塞起こしやすい』との調査結果発表

もうすぐクリスマス。年の一度のお楽しみ…のはずが、このほど怖い調査結果が発表された。それが…

『クリスマスイブは心筋梗塞を起こしやすい』

12日、スウェーデンの研究チームがイギリスの医学誌に発表したこの調査結果。

1998年からの16年間に報告された心筋梗塞約28万件について、どのような条件下で発作が起きやすいか調べたという。すると…

クリスマスイブの12月24日は、その前後2週間に比べて発作リスクが37%も増加。さらにイブの中でも午後10時が最もリスクが高いという結果が出たのだ。

いったいなぜなのか?町の人は…

女性:
やっぱり飲みすぎじゃない?

女性:
テンション上がりすぎて、急にさみしくなって心臓が止まる。

男性:
孫にプレゼントいっぱい頑張るとかのストレス。

などと多くの人から、盛り上がる日ゆえの様々なストレスが原因では…という声が聞かれた。

しかし調査によると、ワールドカップやオリンピックなど同様に盛り上がるイベントであってもリスクが高まらない日もあり、はっきりした原因はわかっていないという。
では心臓の専門医はこの結果をどうみるのか。

心筋梗塞リスク高くなる理由は…

かわぐち心臓呼吸器病院・大山慶介医師:
(心筋梗塞は)10度以下など気温が低い日には多いですね。

国立循環器病研究センターの研究データでは、12月を含む冬の寒い時期に心筋梗塞が増えるという結果が出ている。そのうえで…

かわぐち心臓呼吸器病院・大山慶介医師:
イベントがあるたびに、交感神経が高いとか、寒い時間帯に外に長くいると発症はしやすくなると思う。(リスクがある人が)そういう状況にさらされるのは、発症する確率が上がるので気を付けたほうがいいかなと思う。

今回調査が行われたスウェーデンと日本の平均気温については、1年を通してスウェーデンのほうが寒いものの、同じように気温の変化があり、日本でも同じようにリスクが高まる可能性があるという。

ちなみに調査結果によると、一番リスクが高まる曜日が、今年のイブ当日に当たる月曜日

研究チームは「イブがほかの休日とどう違うのか解明することが、心筋梗塞対策に役立つ」としてリスクの解明を目指している。


(プライムニュースイブニング12月14日放送より)

プライムニュース イブニングの他の記事