芸能事務所アミューズが売り出す新たなスターは「オリーブオイル」!? 新人発掘感覚の“社内ベンチャー”

  • 芸能事務所アミューズの新たなスターは“オリーブオイル”
  • 新人を発掘する感覚で本物のオリーブオイルで感動を届けたい
  • 社内ベンチャーで社員に“新しい発想”を生む意識の変化

芸能事務所の新たなスターは“オリーブオイル”

次々とスターを送り出す、芸能事務所。
今回売り出す新たなスターは、なんと“オリーブオイル”だった。

ウェスティンホテル東京にある一流レストランの中華のコース料理。
ここで使われている“オリーブオイル”は、大手芸能事務所「アミューズ」が売り出した物だった。

アミューズと言えば福山 雅治Perfume三浦 春馬など多くの有名アーティストが所属する日本を代表する芸能事務所。

畑違いのオリーブオイル事業になぜ参入したのか?

新人を発掘して売りたいという芸能事務所の発想

イタリアやスペインで生産され、これまでに数々の賞を受賞してきたこのオリーブオイル。
タレントマネージメントとオリーブオイルは一見何の関係もなさそうだが、担当者に聞くと…

「アミューズ」新規ビジネス開発部・奥田維部長
新人を生みたいという考え方が芸能プロダクションだからあるんですけど、やっぱり新たな物を発掘して売りたいという気持ちがあった」

感動を届けたいという考え方はアーティストと共通

新たなスターを生み出す感覚で本当に美味しい本物のオリーブオイルを見つけ出し、世に広げたいと始めた新規事業

エンターテインメントを生み出し、感動を届けてきたアミューズが、次は本物のオリーブオイルで感動を届けるべく売り出したのだ。

今ではそのクオリティーが話題を呼び、高級スーパー各社の店頭に並んだり、一缶5000円する日本最高級のツナ缶に使用されたりと、販路が拡大している。

ウェスティンホテル東京・中華料理店の沼尻寿夫総料理長は、
産地がしっかりしていて生産者の顔がよく分かること。誰がどのようなルートで輸入したかがわかることが大事」と話す。

畑違いの芸能事務所が始めたオリーブオイルの新規事業は、会社の他の事業にも意外な影響を与えていた。

「アミューズ」奥田維部長:
オリジナルのECサイトを設けているが、アーティストグッズを見に来た人が、『あれ?オリーブオイルも売ってる』という面白さや…

「アミューズ」奥田維部長:
その逆で、食材を買いに来た人が『アミューズってTシャツやグッズも売ってる』ということがより広まって、相乗効果が生まれればいいなと思っている

決めごとは取っ払って 新しい発想を生む

さらに、社内ベンチャーが社員の意識にも変化をもたらしていた。

「アミューズ」奥田維部長:
あいつらまた面白いことを始めたなってマネージメントのスタッフが思っている。いろいろな発想を生んでいいんだと。決めごとみたいなことは取っ払っていいんだという新しい発想の影響力みたいなものは生めたと思う

実際に、この社内ベンチャーにより、社員の新規事業に対する意識の向上が見受けられるようになったという。

社員に刺激を与える社内ベンチャー。
企業の成長に大きな役割を果たしている。

(「プライムニュース α」12月13日放送分)

プライムニュース αの他の記事