「銀だこ」の原点は焼きそば!? 失敗続きでも諦めなかった“お母さんの言葉”

カテゴリ:ワールド

  • 最初に始めた『ホットランド焼きそば』の初日売上は350円!
  • ソフトクリーム、アイスまんじゅう「食べるためにいろんなことをやった」
  • 失敗し続けても商売を続けてきた裏には母親の言葉があったから…

文化放送「The News Masters TOKYO」のマスターズインタビュー。

パーソナリティのタケ小山が今回「この社長にぜひ会いたい!」と訪れたのは「築地銀だこ」の創業者、株式会社ホットランド代表取締役の佐瀬守男さん。

外食産業は「人ビジネス」で、「人の喜びを自分の喜びにできる仕事だ」と語る佐瀬さんのこれまでの挑戦の軌跡を追いかけながら、夢を追い続けることのできる情熱の"源"を探る。

始まりは、焼きそばから

「初日の売り上げは、350円でした」そんなびっくりの告白から始まった、佐瀬さんのインタビュー。

「築地銀だこ」という、今や知らない人がいないほどの“食ブランド”を、一代にして作り上げて育ててきた佐瀬さんからのまさかの創業秘話に、思わずタケも「あはは」と大笑い。「そのあたりのこと、もっと詳しく教えてください」と前のめりになった。

佐瀬さんが生まれ育ったのは群馬県桐生市。そこで初めて店を構えたのは25歳の時だった。

ラーメン屋の居抜き物件で、二階は住居。家賃4万円の物件を借りて「おふくろと二人で、焼きそばでもやろうかって」という気軽なスタートだった。

「他にやることもなかったから」という佐瀬さんだが、そこで飲食、しかも焼きそば店に決めたのは、高校生時代に抱いた夢がずっと心の中にあったからだ。

「街にマクドナルドなどのファストフードの店ができて、そこに通うのが本当に大好きだったんです」

こんなに楽しい場所を自分も作りたい。いつしか「和のファストフードを自分でやってみたい」と思うようになっていた。「とはいえ、お金がありませんから。中古車を友達に40万円で買ってもらって、それを元手に始めたのが『ホットランド焼きそば』という店です」そう、今に続くホットランドが生まれた瞬間だった。

ここで、最初の話に戻る。

「焼きそば一人前が350円。初日の売り上げは350円。つまり、一食しか売れませんでした。二日目の売り上げは、700円でしたね」と当時を思い出して笑う。

買ってくれたのは近所の子どもたちだった。このままでは、家賃さえ払えない。どうしようか?と考えた佐瀬さんは宅配焼きそばを始めることを決めた。

「当時は新聞配達の仕事もしていたから、新聞を配るついでに『焼きそば届けます』と書いたチラシを配ったんです」

その作戦が、見事当たった。たくさんの注文が入るようになって、焼いては配達するというのを毎日繰り返した。

お客さんの方が心配して「こんなに遠くまで持ってきて、それで350円で勘定合うの?」と言ってくれることもあったが、「暇よりはいいですから」とせっせと忙しく働く生活を2年間続けた。

そんなある日、転機となる一つの出会いがあった。

「当時の彼女(=今の奥さん)のお兄さんが、妹が焼きそば店と結婚するなんて言い張っているから止めなくちゃ、と訪ねてきたんです」

その時点では「敵」とも言うべき存在だ。ところが、佐瀬さんの「マックみたいなファストフード店を『和』で作りたい」という夢を聞いて「一緒にやりたいって言ってくれたんです。止めに来たのに、乗ってくれた」と嬉しそうな笑顔で振り返る。

そこからは二人で一生懸命働いた。「やっていることは間違っていない」という自信はあった。なのにうまくいかないのは場所が悪いせいだと考えて、銀行から借金をして桐生の駅前に2号店を出店した。

「おっ。それでどうなりました?」ここまでの展開をドキドキしながら聴いていたタケは、成功を祈る想いでその先を尋ねる。

「実は、それでも売れなくて...」と佐瀬さん。その答えに、のけぞるタケ。

「朝6時から夜は12時まで店を開いてたんですが、毎日残り物ばっかり食べてました」

商売は「あきない(=商い、飽きない)」

だが、佐瀬さんたちはくじけない。「それからも、食べるためにいろんなことをやりました」と話す。

ある日、テレビでソフトクリームが大人気で行列ができているというニュースを見た。羽生のその店では牛乳でソフトクリームを作っているという。何度も通って製法を教えてもらい、店の商品に加えたところ、これが売れに売れた。

「ソフトクリームが売れると焼きそばもおにぎりも売れ出して、たちまち繁盛店になったんです」ようやく売れるものを見つけた!と思った佐瀬さんは、当時住んでいたアパートの一角を「ソフトクリーム工場にしたんです」と笑う。

「アパートを、工場に?」と問い返すタケに、「湯飲み茶わんを500個買ってきて、手作業でソフトクリームを絞ってあんこを入れて、アイスまんじゅうを作りました」と教えてくれた。

そのアイスまんじゅうを、横浜の中華街まで売りに行った。「中華まんを売っている隣で、中華アイスまんじゅうって名前で売ったらめちゃくちゃ売れたんです!」ようやく聞けた「売れた」という話に嬉しくなるタケだったが、話はここでは終わらない。

「桐生から横浜まで下道で片道6時間かかるんです。往復12時間かけて行って帰って、帰宅後は500個のアイスまんじゅうを作るという生活が始まりました」寝る暇もない。そんな日々を延々続けた。それでも一日の売り上げは最大500個分でしかない。

「もっとたくさん楽に作る方法は無いのか?」そう考えた時、思い浮かんだのが鉄工所を経営している兄の顔だった。「一緒に事業をやろう!」と巻き込んで「1億円くらい借金をして、べらぼうにでかいアイスまんじゅう工場を作ったんです」(「あれ、なんかイヤな予感がする...」と、小さくつぶやくタケ)

工場で大量生産したアイスまんじゅうは、30店くらいの中華街の店や全国の観光地に卸して人気を博した。

「ところが、一年で全く売れなくなってしまったんです」

アイスまんじゅうでは地味すぎるのかもと、アイスキャンデーを作ってもみた。だがそれも、営業に行ったコンビニやスーパーマーケットで見向きもされない。

「借金は残る。こりゃもうダメだ!」と思った佐瀬さんたちは「自分たちで売るしかない」と心を決めた。

歩行者天国を自転車で「チリンチリン」と鳴らしながら売って歩いてみたら「これが、売れるんですよ!」とニッコリ。観光地でも、売れに売れた。「これはいける!」とアルバイトを50人くらい雇って売って回らせたという。

だが、「アイスには悲しい性(さが)があるんです」と声を落とす佐瀬さん。

「冬場は全く売れないんです...」

温泉場なら売れるかもしれないと思って水上温泉などにも出かけてはみたが、大した売り上げにはならない。


資金も底をつきかけた。そんな時に、ふと畑を見たらじゃがいもがたくさん収穫されていた。

「これをふかして熱々のじゃがバターを売ろう」今度はそう思いついた佐瀬さんが高速のSAやPAなどで売り始めたところ、なんと冬場は一日の売り上げが100万円を超えるほどになった。

ようやく大成功かと思いきや、ここで佐瀬さんは悩み始める。「じゃがバター売っていれば、小金持ちにはなれそうだ。でも、和のファストフードをやりたくて会社を作って借金もしてここまでやってきたのに、このままで本当にいいのか?」

そんな時期に、一緒に夢を描いてきた社員が「やりたかったことと違う」と会社を辞めたことも大きかった。

「結局、一年でじゃがバター売りをやめました。少しお金が貯まっていたので、それを元手に和のファストフードに再挑戦することに決めたんです」

先が気にはなるが、ここまでの話を聞いて、どうしても確認したいことがタケにはあった。

「それだけ紆余曲折があって、それでも一貫して商売を続けたのはなぜなんですか?」

その理由は、お母さんの言葉にあった。

「おふくろが、一回商売を始めたら絶対に飽きちゃダメだよって。それが『あきない』なんだって。お客さんが来るから、お店は絶対に開けておきなさい、そう言い続けていたんです」

だから、どんな状況にあっても商売をただひたすらに続けたのだという。

文化放送『The News Masters TOKYO』のタケ小山がインタビュアーとなり、社長・経営者・リーダー・マネージャー・監督など、いわゆる「リーダー」や「キーマン」を紹介するマスターズインタビュー。

音声で聞くには podcastで。
The News Masters TOKYO Podcast 

文化放送「The News Masters TOKYO」
http://www.joqr.co.jp/nmt/ (月~金 AM7:00~9:00生放送)

こちらから聴けます!→http://radiko.jp/#QRR

パーソナリティ:タケ小山
アシスタント: 西川文野、長麻未(文化放送アナウンサー)

「マスターズインタビュー」コーナー(月~金 8:40頃~)

The News Masters TOKYOの他の記事