逆転の発想…工事現場が巨大クリスマスプレゼントに変身!制作者「あのリボンは手作りです」

カテゴリ:暮らし

  • 実はエレベーターの工事現場が入っている
  • 担当者「イベントと工事、どっちも嬉しいことができたらと」
  • クリスマス後にはどうするのか聞いてみた

今、街を歩けばいたるところでクリスマスの装飾を目にするが、宮崎空港では超ビッグな「プレゼントボックス」が12月1日に登場し、撮影スポットなどとして人気を集めている。

その大きさは、なんと縦8m×横12m×高さ5m!
いったいどんなプレゼントが入っているのか気になるが、これは逆転の発想で生まれたものだった。

実は、この箱は工事を安全に行うために設置された「囲い」で、中ではエレベーターの増築工事を行っているのだという。
エレベーターがお客様へのプレゼントという考え方もあるが、この工事は来年の3月末まで行われる予定なのでクリスマス当日に開封されることはないそうだ。

この工事だけでなはく、宮崎空港は現在、2020東京オリンピック・パラリンピックなど訪日外国人観光客の増加に向けた施設改修工事を行っている。
期間は2017年3月22日~2019年3月を予定しており、エレベーターはバリアフリー化に対応した設備に増改築されるという。
巨大プレゼントボックスは、3階まで吹き抜けになった「オアシス広場」にあり、今年10月22日に工事が始まった時には、真っ白な「囲い」が作られただけだった。

10月28日、「空の日」イベントの様子

工事現場の白い囲いをどうしてプレゼントボックスにしようと思ったのか?
アイディアの生みの母である、宮崎空港ビル業務部業務課主任の石尾麻貴子さんに聞いてみた。

「イベントと工事、どっちも嬉しいことができたらと」

――プレゼントボックスにする前の「囲い」はどういう状態だった?

10月は装飾をしていませんでした。
11月は宮崎であったゴルフ大会のイベントが行われて、「囲い」の周りにパネルをひっかけるように展示していました。

11月のゴルフイベントの様子

――なぜプレゼントボックスにしようと思ったのか?

12月1日から、宮崎県の作家・岡美智子さんのクリスマスアート展がはじまったんですが、「囲い」にパネルをひっかけるのは、イベント内容とあまりマッチしないなと思っていました。
また、作家の方と工事をされている方が、お互い少し邪魔な扱いをされている感じになっていまして、それはすごくいやだなと、どっちも嬉しいことができたらいいなと思ったんですね。
そこで白い囲いを見ていたとき「これを巨大なプレゼント箱にしてしまったら楽しいかな?」と思ったのが最初のアイディアになりました。


――それから実現するまでは?

もちろん1人ではできないので、いろんな人に相談しました。
上司や仕事仲間のみなさんにイメージしていただくために、11月のはじめに写真の上に絵を描いて「こういう風にしたいです」とプレゼンをすると、すごくいいアイディだから頑張ってと応援してくださいました。

石尾さんが書いたイメージ図

――あとは業者にお願いしたの?

いえいえ。
業者さんに頼むのは時間的に難しかったので、クリスマスアート展の岡美智子さんにリボンの作り方を相談して、材料の買い付けもいっしょに行っていただきました。
あのリボンは全部手作りなんですよ。
ただ設置は工事の方じゃないとできないので、お願いしました。
作家さんや工事の方々も含め10名以上は関係しています。
こちらのプレゼントボックスは夢いっぱいの箱なので、温かい気持ちになれるようなかわいい飾りも施しています。

囲いの下にある小さな妖精の飾り

お正月は鏡餅になる?

――話題になったことをどう思う?

どなたかがTwitterでプレゼントボックスを紹介していただきまして、それがバズったと言うんでしょうか。
いろいろなところで話題になって、思いもよらない反響にびっくりしました。


――お客さんの反応は?

会場に行くと、もういろんな方が「あっ、Twitterのやつだ」とか「ネットで見た」とか、おっしゃっていただいています。
2階や3階から見たほうがキレイなので、クリスマスアート展に来られた方は、一度写真を撮りに行ってから、また展示会場に戻ってこられたりしています。


――クリスマス後はどうするの?

よく聞かれます。(笑)
「次はお餅になるの?」とか「おせちの箱になるの?」とか、いろいろおっしゃっていただくんですけど、まだ分かりません。
玉手箱や水引をなどアイディアはいろいろありますが、新春のイベントにマッチするものにしようと思っています。


――エレベータの工事は3月まで続くが正月のあとのアイディアは?

そうですね、何かやってほしいというご要望はあります。(笑)
ただ、いろいろな企業のイベントを開くことがあるので、そういう時はちょっと難しいのかなと考えつつ、いろいろな提案をしている段階です。

別角度から撮られた写真をみると、確かに上面に「工事中」の文字があった。
逆転の発想で、「囲い」を楽しい気分に変えるこのプレゼントボックスが見られるのは、現在開催中のクリスマスイベントと同じく今月25日までなので、ちょっと足を延ばしてみてもいいかもしれない。