“年の瀬”恒例   清水寺で「今年の漢字」が発表! グッディ出演者が選んだのは?

カテゴリ:国内

  • 平成最後を飾る“今年の漢字”は「災」日本各所で大規模な自然災害が多発
  • スタジオの予想は的中するか? “高橋貫主”と出演者5人が選ぶ一字
  • 「スポーツの盛り上がり」と「ハラスメント」が話題になった年

“高橋貫主”が振り返る2018年

12月12日は「1212(いいじいちじ)= いい字一字」で、漢字の日。
漢字の素晴らしさや奥深い意義を伝えるための啓発活動の一環として、1995年から日本漢字能力検定協会が公募で選んでいるのが「今年の漢字」だ。

スタジオでは清水寺での発表を前に、MCの高橋克実が「今年の漢字」をしたためることになった。
克実さんは貫主そっくりの衣装に身を包み、気合十分!


大村正樹フィールドキャスター:
清水寺の森清範貫主は、当時55歳からスタートされまして、今回24回目。高橋克実貫主も57歳ですか?
ちょうど適齢期に入ってきたので、番組でも向こう23、4年と続けていきましょうか!

安藤優子:
克実さんは小学校の時、ずっと書道をやっていたんですって。

高橋克実:
いやいやいや…ちょっと安藤さん、なんでハードル上げてるんですか~!

大村:
それでは克実さんお願いします。

三田友梨佳アナウンサー:
重みがありますね。

安藤:
なんだか本格的ですね~

大村:
お茶の間は筆が見えなくてもやもやしません?

スタジオ:
ああ~~

安藤:
あっ、わかった!けっこう難しい漢字を選んでますね。

克実:

できました!「」です。

安藤:
墨のタレ具合も良い感じ!では高橋貫主、その心を!

克実:
小結で貴景勝関が優勝したり、被害者の人が加害者になったり。
私たちはこの文字がない日がないくらいの一年だったというような…この番組に寄り添って書きました。

安藤:
確かに、この話題を取り上げなかった日はなかったくらい、取り上げましたね。

三田:
そうですね。そして平成の締めくくりとしては、平成の大横綱の文字でもありますね。

克実:
そうですね…結局、三田さんが締めてくれましたね。

スタジオ:
(笑)

大村:
スタジオのみなさんにも文字を書いていただいたので、せーので出しましょうか。

「スポーツの盛り上がり」と「ハラスメント」が話題になった1年

【風間晋(フジテレビ解説委員) “脅”】
一年間、パワハラやセクハラが多かったですよね。パワハラの言い換えとして“嫌がらせ”と言われるじゃないですか。
でも、伊調選手の選手生命がかかってたり、東名高速のあおりなんかも、単なる嫌がらせじゃない。
次元が違うものだと思って、かすという漢字を選びました。

【生稲晃子 “力”】
風間さんと同じで、今年はパワハラセクハラという言葉から始まって、それで終わったような一年だったなと思って。
良い面としてはスポーツ選手の方々が非常に頑張っていらして、世界で1位2位を争うような、力をどんどんつけてきたということも含めて「」にしました。

【カンニング竹山 “疑”】
僕は疑問の「」ですね。パワハラ問題も国会もそうだけど、疑問に思うことがいっぱいありすぎたんで、この字かなと。
しかもどれもよく分からないまま終わってしまって、何がどうなってこうなるんだ?ということが多かった気がするんですよね。

【三田アナ “平”】
私は「」という字です。平成最後ということで、平成のどちらかの漢字がくるのではないかと考えました。
今年は平昌オリンピックもありましたので、この平という字を選びました。

【安藤キャスター “力”】
スポーツの分野、例えばサッカーもスケートも、世界と互角のを発揮できるようになったんじゃないかなと、明るい部分ではそういうことで。
負の部分についてはやっぱりパワハラセクハラ満載の年だったかなと思います。


大村:
今年の一字がこの中にあるかどうか、気になりますね。こちらの和紙は越前和紙で、縦1.5m、 横1.3mだということです。
筆は広島県熊野産の筆、墨汁に関しては奈良県産の墨が使われています。
貫主の元には12日午前、これらの道具一式と二重の封書に入った漢字一字が届けられて、今これからしたためるということになります。

大村:
平成最後の今年の漢字は「」です。
「北海道・大阪・島根での地震、西日本豪雨、大型台風の襲来、記録的猛暑など、日本各所で起きた大規模な自然災害により多くの人が被災した。自助共助による防災、あるいは滅災意識も高まり、スーパーボランティアの活躍にも注目が集まった。新元号となる来年に向けて多くの人が災害を忘れないと心に刻んだ年となった」ということです。
スタジオの予想は全員外れてしまいましたね。

カンニング竹山:
たしかに、言われてみれば1年間でこれだけ災害が起こった年ってないわけで。夏もひどい暑さでしたからね。
ピッタリと言えばピッタリなんですかね、今年を代表する漢字としては。

安藤:
想定外の災害が全国で起きた年でしたね。

生稲:
みなさん、自然災害につらい思いをされてきた年だったと思います。
でもこれから災害に対していろんな対策をしていこうという前向きな気持ちにもなれたので、この字を見て、来年に向けていい教訓になった気がします。
 

みなさんは「今年の漢字」に何を選びますか?

(「直撃LIVE!グッディ」12月12日放送分より)

グッディ!の他の記事