チケット注文 9割が自動プログラムから 買い占め転売狙いか

カテゴリ:テクノロジー

チケット購入アクセスの9割以上が、悪質な自動プログラムだった。

コンサートやスポーツなどのチケットを買い占め、高値で売る、いわゆる「高額転売」が社会問題となっている。

こうした中、チケット販売大手のイープラスは、キーボードを打つタイミングや、マウスの動きなどで、「ボット」と呼ばれる自動プログラムか、人間であるかを見分ける、アメリカのIT企業のシステムを使い、コンサートチケットの申し込みについての調査を実施した。

チケットの販売開始から30分間を調べたところ、およそ50万件の申し込みのうち、9割にあたる、45万件がボットからのアクセスと判明した。

イープラス・小西雅春氏は「チケットの転売というのは、業界全体ですごく大問題になっている。自分たちだけでは、守りきることが難しい状況になっている」と話した。

イープラスでは、これまでも人間でないと読みにくい文字などを購入者に入力させるなどの対策をとってきたが、性能が上がったボットによるアクセスを遮断することが難しくなったという。

イープラス・小西氏は、「(9割の)数値を見た時は、ものすごく驚いた。画期的だなと思った。ボットも沈静化しているかなと考えているが、ボットはどんどん進化をしていくと考えている。われわれも、それに負けずに努力を続けていきたい」と話した。