熱中症対策で夏休み延長も 文科省が検討求める通知

カテゴリ:国内

記録的猛暑が続く中、文部科学省は熱中症対策として、全国の教育委員会などに対し、必要に応じて夏休みの延長などを検討するよう通知した。

愛知・豊田市で7月、小学1年の男子児童(6)が校外学習から戻ったあと、熱中症で死亡したほか、各地で児童・生徒が熱中症で体調を崩すケースが増えている。

これを受け文科省は、児童・生徒の健康を最優先に、必要に応じて、夏休みの延長や臨時休業日の設定を検討するよう求める通知を出した。

夏休みの延長などを行った場合、年間の総授業時間数を考えて、冬休みの短縮や土曜授業を実施するなど、柔軟に対応を検討してほしいとしている。