【速報】引退届提出した貴ノ岩が謝罪会見「現役を引退させていただきます」

カテゴリ:国内

付け人暴行問題で引退届を提出した大相撲、千賀ノ浦部屋の力士・貴ノ岩関が、12月7日夜会見した。

会見の冒頭、貴ノ岩は、「この度巡業先で、手をあげてしまい大変つらい思いをされたことを、そしてお父さん、お母さん、家族の皆さま、親方、女将さん、部屋の力士たち、部屋の関係者などの皆さま、部屋を応援してくださる皆様、大相撲を支えてくださるファンの皆様、日本相撲協会に大変ご迷惑かけたことを、心よりお詫び申し上げます。本当に申し訳ございませんでした」と謝罪。

さらに「この場を借りて、手をあげてしまい、大変つらい思いをさせたことを深く反省し、責任を取って本日をもって現役を引退させていただきます」と述べ、引退を正式に表明した。

この問題は、12月4日、冬巡業先の福岡県内で、貴ノ岩が付け人が忘れ物をし、言い訳をしたことに腹を立て、平手やこぶしで顔を4~5回殴ったというもの。

貴ノ岩は2017年10月、元横綱・日馬富士が起こした傷害事件の被害者で、日馬富士は事件の責任を取る形で引退した。被害者から加害者へ。貴ノ岩は、自ら犯した過ちによって、同じ引退への道をたどることになった。