謎のお菓子「まずい棒」 そのお味は? 銚子電鉄が新名物

カテゴリ:ビジネス

千葉県の銚子電鉄が、新名物を発売。その名も、「まずい棒」。

見るからに、「あの有名なお菓子」にそっくりなパッケージ。

しかし、名前は正反対の「まずい棒」。

どんなお菓子メーカーが作っているのかと思いきや、「まずい棒」を作っているのは鉄道会社。

千葉・銚子市を走る、全長わずか6.4kmのローカル鉄道、銚子電鉄。

鉄道会社が、なぜお菓子?

しかも、まずい?

とにかく、疑問だらけのまずい棒。

まずい棒未体験の地元、銚子の人々に聞いた。

地元の人は、「まずいと言われたら、食べる気にはならない」と話していたが、実際に食べてもらうと、「うまいです。うまい。(さっきは、まずいと)まずいから食べないと言いました。(実際食べたら?)おいしいです」と話していた。

男の子も、おそるおそる、においをかいでから食べると...。

男の子は、「おいしい。(さっき、まずそうって?)うん。(食べたら?)おいしい」と話した。

コーンポタージュ味で、サクサクした食感のまずい棒。

1本50円(税込み)で、今週金曜日、8月3日から犬吠駅などで販売が始まる。

それにしても、あえて「まずい棒」という名前で売り出すのは、なぜなのか。

銚子電鉄の社長を直撃した。

銚子電気鉄道会社・竹本勝紀代表取締役は、「『まずいです、経営状況が』、そういった当社の経営状況を如実に表した商品です」、「経営状況のまずい銚子電鉄に思いをはせてくれれば、ありがたい」などと語った。

お菓子の味が「まずい」からではなく、銚子電鉄の経営状況が「まずい」から。

それを知ってもらおうというネーミングだという。

銚子電鉄は、東日本大震災後の風評被害や、沿線人口の減少で、乗客数は減る一方。

そのため、経営再建のため、これまでも試行錯誤を繰り返してきた。

夏には、電車をお化け屋敷に変身させ、冬には、電車を丸ごとイルミネーションで飾りつけ。

一時、廃線の危機にまで陥った時には、ご存じ「奇跡のぬれ煎餅(せんべい)」の大ヒットでV字回復。

今では、収入の7割がぬれ煎餅という、まさに経営の柱に。

しかし、電車の維持や線路の補修には、とにかくお金がかかるため、ぬれ煎餅の売り上げだけではまかなえないという。

そこで、新たな起死回生の一手として打ち出したのが、まずい棒だった。

銚子電気鉄道会社・竹本代表取締役は、「(ローカル)鉄道というのは、地域を支える存在であり、地域とともに生き残るというのが、ローカル線の使命だと思っている」と語る。

はたして、まずい棒は、銚子電鉄の「まずい現状」を打破する「救いの棒」となれるのか。

この夏、大胆すぎるネーミングの成果が試される。