徳永英明 “過換気症候群”で急きょコンサートが延期に

  • 徳永英明 6日予定されていた富山でのコンサートを延期
  • 新幹線移動中に体調不良で途中下車 過換気症候群と診断
  • 徳永「楽しみにされていたお客様 申し訳ございません」

徳永英明 富山でのコンサートを延期

歌手の徳永英明(57)さんが、過換気症候群のため、12月6日開催する予定だった富山でのコンサートを急きょ延期することを発表した。

医師によると過換気症候群は過呼吸症候群ともいわれ、自分の意思と関係なく、呼吸の回数が通常より多くなってしまう病気。呼吸困難になり、手足のしびれやけいれんなどの症状が起こる。

新幹線移動中に体調不良で途中下車

所属事務所によると徳永さんは5日富山公演のため新幹線で移動していたところ、車内で体調不良を訴え、途中下車。長野県内の病院で治療を受けたところ「過度の肉体疲労による過換気症候群」と診断されたという。

今年9月、徳永さんは「脱水症状による軽度の脳梗塞」と診断され入院。10月のコンサートで復帰したが、もともと9月9日に予定されていた富山公演は延期となり、12月6日に振替公演が行われる予定だった。

徳永英明コメント:
2度にわたるコンサートの延期、当日を楽しみにされていたお客様、本当に申し訳ございません。今後は自宅にて疲労回復を図るとともに神戸公演に向け、静養してまいります

(プライムニュース イブニング12月6日放送より)

プライムニュース イブニングの他の記事