「特定非常災害」を閣議決定へ 西日本豪雨

カテゴリ:国内

連休初日の14日、西日本を襲った豪雨の被災地では、捜索や復旧作業が続いている。

一方、安倍首相は、14日朝の非常災害対策本部会議であいさつし、被災者に、行政上の便宜を図れるようにするため、今回の豪雨を「特定非常災害」に指定することを表明した。

安倍首相は、「被災者の権利を守るため、この災害を『特定非常災害』に指定することを、本日閣議決定する」と述べた。

「特定非常災害」の指定は、行政手続きができなくなった被災者を救済することが目的で、運転免許証や飲食店の営業許可などの有効期限を延長することが想定されている。

さらに安倍首相は、罹災(りさい)証明書の迅速な発行や無料の法律相談など、引き続き、被災者の支援に努める考えを強調した。