爆弾搭載ドローン 庭に落下 警察幹部宅の敷地に

カテゴリ:ワールド

メキシコで警察幹部の自宅敷地に、爆弾を搭載したドローンが落下した。

メキシコとアメリカの国境付近の街・テカテで10日朝、警察幹部が所有する住宅の敷地にドローンが落下した。

落下したドローンは2機で、うち1機は敷地外に落下、もう1機は庭に落下した。

敷地内に落下したドローンには、カメラが装着されていたほか、粘着テープで手投げ弾2個がくくりつけられていた。

手投げ弾は爆発せず、死傷者はいなかった。

この地域は、麻薬の密売拠点となっていて、警察幹部は「警察に対する脅迫によって、摘発を緩めることはない」とコメントしている。