朝青龍さんも秋田犬にデレデレ 秋田犬目線で“観光”も

カテゴリ:話題

ザギトワ選手の愛犬「マサル」のいとこ「マサオ」君が、元横綱の朝青龍さん(37)に贈呈された。

かわいい子犬に、とてもなつかれている男性は、大相撲の元横綱・朝青龍さん。

現役時代の厳しい形相からは想像もつかない、デレデレの笑顔。

この愛くるしい子犬は、秋田犬。

朝青龍さんから、「秋田犬が欲しい」との要望を受けた秋田犬保存会が、10日、モンゴルを訪れ、生後2カ月のオスの子犬を朝青龍さんに贈呈した。

秋田犬といえば、平昌オリンピックフィギュアスケートの金メダリスト、ロシアのザギトワ選手に贈呈されたのが、メスの秋田犬・マサル。

平昌(ピョンチャン)五輪フィギュアスケート女子の金メダリスト・ザギトワ選手(16)は、「この秋田犬は良い飼い主を見つけました。とても大切に、この犬を見守ります。アリガトウゴザイマス」と話した。

実は、朝青龍さんに贈呈された秋田犬は、マサルのいとこで、その名前はマサオ。

ちなみに、漢字では「勝雄」と書くそう。

朝青龍さんは、マサオと出会って早々に抱き上げると、ぺろぺろと顔をなめられる歓迎を受けた。

秋田犬を新たな家族に迎えた朝青龍さんは、ツイッターで、「マサオが来た! かわいい! かわいい。元気なマサオと出会いました!」と、喜びを爆発させた。

今や世界中で愛されている秋田犬。

その発祥の地とされる秋田・大館市では11日、秋田犬の背中にカメラをつけて散歩している姿が。

いったい何を撮影しているかというと、地図上の景色を、まるでその場にいるかのように360度見渡せるストリートビュー。

大館市の人気スポットを、秋田犬の目線で楽しむことができる。

大館市観光課は、「ストリートビューで見られる大館市の風景に秋田犬を映し出すことで、秋田犬に会える大館市を、皆さんに、画面上からでも楽しんでもらえればと思う」と話した。

日本が誇る秋田犬。

その人気は、世界中に広がっている。