トランプ氏、NATO加盟国を批判 防衛費めぐり対立

カテゴリ:ワールド

NATO(北大西洋条約機構)の首脳会議が、11日、ベルギーで始まり、防衛費の負担をめぐり、アメリカとほかの加盟国との対立が、あらためて浮き彫りになった。

NATO首脳会議では、加盟国の防衛費を、2024年までにGDP(国内総生産)の2%にすることが再確認された。

これに対し、トランプ大統領は4%に引き上げるべきと主張し、不満をあらわにした。

トランプ大統領は、「長年(NATOの)多くの国が防衛費で、アメリカから巨額の金を借りている。彼らは滞納者だ」と述べた。

首脳会議に先立ち、トランプ大統領は、ドイツがロシアから多くの天然ガスを購入していると指摘し、「まるでロシアの捕虜だ」と批判した。

これに対し、メルケル首相は「ドイツは独立国だ」と反論したが、その後の首脳会談では、今後も協議を続ける考えを示した。