摂食障害・窃盗症・婚約者の裏切り…マラソン元日本代表が語る“2度の万引き事件”の背景

涙ながらに原裕美子被告が会見で告白

カテゴリ:国内

  • 今回の万引きは執行猶予中の再犯だった
  • 摂食障害をきっかけに「窃盗症」を発症
  • 「数百万というお金が騙された」婚約者の裏切り

万引きをしたとして12月3日に有罪判決を受けた、マラソン元日本代表の原裕美子さん(36)が会見を開き、涙ながらに謝罪をした。

2018年2月、群馬県のスーパーでキャンディなど約380円相当を万引きした罪に問われ、逮捕・起訴されていた。

だが、原さんはその約3か月前の2017年11月にも地元・栃木県のコンビニで万引きしたとして、執行猶予つきの有罪判決を受けていた。

つまり、今回は"執行猶予中"の再犯だった。

摂食障害、窃盗症、婚約者の裏切り…

2005年、原さんは名古屋国際女子マラソンで初マラソン、初優勝という快挙を成し遂げ、世界選手権でも6位入賞というキャリアを持っている。

しかし、昨日の会見で「(監督から)食べないで痩せるという指導もありました。『これは食べちゃダメだ』、『これは半分残しなさい』。日に日に私は食べ物に対する執着心が強くなっていった」と苦しみを明かし、食べては吐く、を繰り返す摂食障害に現役引退後も悩まされたという。

さらに、この摂食障害をきっかけに発症したのが「窃盗症(クレプトマニア)」。

「窃盗症」とは興奮で不安を吹き飛ばすために、衝動的に万引きを繰り返す精神疾患で、これが2度に渡って万引きをした原因の1つだと原さんは語る。

「盗ったら捕まる。捕まったらこの苦しみから解放される。苦しい生活から離れたい。それしか考えられなくて…」と当時の心境を振り返った。

摂食障害」と「窃盗症」の因果関係について、クレプトマニア医学研究所・福井裕輝所長は「共に衝動がコントロールできない病気です。脳に何らかの共通する病態があるんだろう」と話した。

その一方で、原さんにはもう一つの苦しみもあった。それは原さんが「信じていた人」と語った婚約者の存在

「1人の男性と結婚式を挙げて『籍を入れさせて欲しい』という話を両親の前でされたので待っていた。本当に信じていた人から裏切られたというか…」と会見で打ち明けた。

2017年1月にすでに結婚式を挙げ、婚姻届を出す予定だった婚約者と突然、連絡が取れなくなったという。原さんは「式に掛かった費用とか、数百万というお金が騙されてしまった。それがすごくつらかった」と話した。

なぜ、実刑とならなかったのか

この半年後に1度目の万引きで逮捕され、執行猶予つきの有罪判決を受け、2度目の逮捕となった今回は、懲役1年、執行猶予4年という判決となった。

なぜ、原さんは執行猶予中の再犯にも関わらず、実刑とならなかったのか。

窃盗事件に詳しい渋谷青山刑事法律事務所の二宮英人弁護士は「執行猶予期間中に犯罪を犯してしまうと、基本的には実刑になるという事が可能性としては高い。今回は刑務所に行くより、窃盗症の病気を専門機関で治す方が先決であると裁判所が考えた」と話した。

また、二宮弁護士は再び執行猶予がついた背景を「自分のお金でも買える、日常的な物を万引きしたことからも『窃盗症』であると考慮され、執行猶予がついたのではないか」とした。

(「めざましテレビ」12月4日放送分より)

めざましテレビの他の記事