お茶の水女子大 トランスジェンダー受け入れへ

カテゴリ:国内

お茶の水女子大学は、戸籍上は「男性」でも、自分自身の性別を「女性」と認識しているトランスジェンダーの学生を、2020年度から受け入れると発表した。

トランスジェンダーは、体と心の性別が一致していない人を表す言葉。

お茶の水女子大学は2日、戸籍上は「男性」であっても、自身を「女性」と認識しているトランスジェンダーの学生を、2020年度から受け入れる方針を明らかにした。

文部科学省によると、女子大学がトランスジェンダーの学生の受け入れを表明するのは初めてということで、文科省は、「在学中の学生への支援を検討することも必要」とコメントしている。

お茶の水女子大学は、9日に記者会見を行い、詳細を説明する予定だという。