豪雨で洞窟に閉じ込めか 少年ら13人不明 タイ

カテゴリ:ワールド

タイ北部の国立公園にある洞窟で、少年サッカーチームの選手など13人が、23日から行方不明となっていて、現地当局は洞窟が豪雨で浸水し、閉じ込められているとみて、捜索を続けている。

現地当局によると、北部チェンライ県のサッカークラブに所属する少年12人とコーチが、23日から地元の国立公園の洞窟で行方不明になっていて、豪雨により雨水が中に流れ込んでいることから、全員閉じ込められているとみられる。

タイ当局は、海軍の特殊部隊のダイバーなどを投入し、捜索活動を続けているが、現在も発見に至っていない。

少年たちは、年齢が13歳から16歳で、当日は練習後、レクリエーションで洞窟に立ち寄ったとみられ、入り口付近では、自転車や靴などが見つかっている。