月額1000円の結婚相談所オープンへ…なぜ激安が実現?“官民連携”の実力と狙いは?

  • 月額1000円の結婚相談所が開所式
  • 無償で部屋を借りて激安料金設定を実現
  • “充実サービス”で銀座の結婚相談所は「自信」

都が初参戦…月額1000円の結婚相談所開所式

12月1日にオープンする結婚相談所の料金は、なんと月額1000円
激安料金を実現した結婚相談所の狙いとは…

人生の大きな節目となる結婚。そのためには、お相手との出会いが必要なのだが、今回、その舞台づくりに東京都が初参戦。

都内のホテルで行われた開所式には、少子化対策がライフワークの野田聖子前女性活躍相も出席。
野田前女性活躍相は「官民で見える形で、結婚できない人へのアプローチをスタートさせたことが大切」と強調した。
少子高齢化の進む日本では、子供の生まれる数は減る一方だ。

中でも東京の出生率は全国最低。そんな東京都が、就業人数が最も多い千代田区で12月1日にオープンする注目の結婚相談所。一体どんなところなのか。

無償で部屋を借りて激安料金設定を実現

部屋の中に置かれていたのはデスクトップのパソコンに3枚のタブレット。

奥には3席のカウンターのみ。あとは、応接室とわずか2部屋というなんとも簡素な佇まい。

しかしこの相談所の利用料は激安で、月にわずか1000円、年間1万2000円で利用できて、入会金や成婚料などは一切かからないという。
協賛する民間会社から無償で部屋を借りることで破格の料金設定を実現。

その利用方法は、まず写真、源泉徴収票、そして市役所などでとれる独身証明書を用意し、プロフィールを登録する。そして希望する相手のタイプをタブレットに入力し、条件に合う人をリストアップ。
気になる人がいれば仲介を受けられる仕組み。これがわずか月額1000円なのだ!

この料金に町の人からは「幅が広がっていい」との意見があった一方で「不安だなとは思う。1000円は安いので」「(安いと)だれでも利用できるので信頼度が…」との声も。

銀座の結婚相談所は“充実サービス”

一方、銀座で民間会社が運営する2万4000人以上の会員登録者を誇る結婚相談所では…

銀座にある「パートナーエージェント」

部屋はもちろん利用料もゴージャスだ。
「パートナーエージェント」では、登録料が3万円、初期費用が9万5000円、会費が月1万6000円、めでたく結婚に至れば成婚料として5万円と、最低でも19万1000円かかることになる。

しかしこの料金にも担当者は自信たっぷり。そのワケは…

パートナーエージェント広報の平田恵さんは、「1人1人に専用のコンシェルジュがつく。どういった場所に行ったらいいか、デートにどんな服を着たらいいかなど相談があった際は対応する」と語る。

充実したサービスか。それとも破格の安さか。
どちらにしても理想の相手が見つかることが一番だ。


(「プライムニュース イブニング」11月30日放送分より)

プライムニュース イブニングの他の記事