プーチン氏、“北”と会談 金委員長の訪ロ求める

ワールド

ロシアのプーチン大統領は14日、北朝鮮序列2位の金永南(キム・ヨンナム)氏と会談し、金正恩(キム・ジョンウン)委員長のロシア訪問をあらためて求めた。

プーチン大統領は14日、FIFAワールドカップの開会式に招待した、北朝鮮序列2位の金永南最高人民会議常任委員長と首都モスクワで会談し、12日の米朝首脳会談について、「結果を高く評価している」と述べた。

そのうえで、あらためて金委員長にロシアを訪問するよう伝えてほしいと述べた。

プーチン大統領は、「金正恩委員長に、ロシア招待を伝えてほしい」と述べた。

時期については、「9月にウラジオストクで行われる東方経済フォーラムの機会でも、別の機会でも可能だ」と、首脳会談に意欲を示した。

金永南氏も、金正恩委員長からの親書を手渡し、ワールドカップ開催への祝意を伝えた。