小3女児殺害 被告人「通学路で起きた事件は親の責任」と主張

国内

小学3年生のベトナム人の女の子が殺害された事件の裁判で、初めて被告人質問が行われ、保護者会元会長の男は、「自分は犯人ではない」、「通学路で起きた事件は親の責任だ」と主張した。

渋谷恭正被告(47)は2017年3月、ベトナム人で小学3年のレェ・ティ・ニャット・リンさん(当時9)の首を絞め、殺害した罪などに問われている。

14日の被告人質問で、渋谷被告は、リンさんが行方不明になったと聞いて、「めんどくさい事件が起きたなとしか思わなかった」と述べた。

また、自分は犯人ではないとしたうえで、「通学路で起きた事件は親の責任。親がきちんと見ていればとしか思わない」と主張した。

閉廷後、リンさんの父親が会見を行った。

リンさんの父親、レェ・アイン・ハオさんは、「きょう、はっきり渋谷被告がリンちゃんを殺害した犯人だとわかりました。できれば早く判決を出してほしいです」と語った。