野党 国交相不信任決議案提出 IR法案で攻防続く

国内

カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案をめぐる、与野党の攻防が続いている。

法案の衆議院通過に反対する野党側は14日午後、石井国交相の不信任決議案を提出した。

IR実施法案をめぐっては、立憲民主党などが、法案を審議する内閣委員会の山際委員長の解任決議案を提出していたが、午後の本会議で、与党などの反対多数で否決された。

これを受け、野党側はさらなる抵抗策として、石井国交相の不信任決議案を提出した。

立憲民主・辻元国対委員長は、「一致団結して採決に持ち込ませないよう頑張ろうと」と述べた。

与党側は、15日の本会議で石井国交相の不信任案を否決したうえで委員会を開き、法案の採決を行う方針。