首相が拉致被害者家族に決意「日本が主体的に責任もって解決」

国内

安倍首相は14日午後、首相官邸で拉致被害者の家族と面会し、問題解決に向けた決意を伝えた。

安倍首相は「拉致問題というのは日朝の問題でありますから、日本が主体的に責任をもって解決をしていかなければならない問題」と述べた。

面会には、家族会代表の飯塚繁雄さん(80)や横田 めぐみさんの母・早紀江さん(82)らが出席した。

安倍首相は、米朝首脳会談でトランプ大統領が金正恩(キム・ジョンウン)委員長に拉致問題を提起したことを報告したうえで、問題解決への決意を伝えた。

米朝会談をめぐっては、金委員長が「安倍首相と会う用意がある」と語っていたことがわかり、政府は年内の日朝首脳会談の開催を目指し、北朝鮮との調整を加速させることにしている。