バスで特産品を運んだ物産市!「貨客混載」で変わる輸送の未来

カテゴリ:地域

  • バスターミナル「バスタ新宿」で物産市「バスタマーケット」開催
  • 輸送はトラックではなくバス…運賃は荷物と一緒に乗車した3人分だけ
  • 「貨客混載」でドライバー不足や環境の負荷低減、さらに販路拡大も

「バスタ新宿」で物産市「バスタマーケット」

国内最大のバスターミナル「バスタ新宿」の目の前にある広い歩道を利用して、初めて開催された物産市「バスタマーケット」。

千葉県と長野県の6つの自治体から持ち寄られた、数々の農産品や特産品が、所狭しと並べられた。

ゴルフ場が日本一多く、市内に33コースもある千葉・市原市の肝いりの特産品「ゴルフボール最中」。

千葉・市原市の特産品「ゴルフボール最中」

実は、通常とは異なる輸送方法で新宿に運ばれていた。

午前7時半、乗客が乗り込む高速バスに一緒に積み込まれたのは、10箱ほどの段ボール。

高速バスに積み込まれる「ゴルフボール最中」

「貨客混載」でコスト削減

2017年9月からの規制緩和を受け、バスやタクシーなどの公共交通機関で貨物も一緒の運送が可能になった、いわゆる「貨客混載」。

ドライバー不足や過疎地域で、有効な物流手段になりうるとして、各地で取り組みが広がっている。

高速バスは、田園風景を抜け、渋滞もなく、1時間20分ほどで新宿駅に到着。
これだけ、段ボールを積んでも、運賃は荷物と一緒に乗車した3人分だけしかかからず、トラックなどで運ぶよりコストを削減できる

「貨客混載」でコスト削減

地域活性化で定住人口につなげる

市原市の担当者は、「利便性はいいと思う。これからどんどん活用できたらなと」と話す。

実証実験を兼ねて行われたこの取り組み。
目指すのは、貨客混載を利用した地域活性化。

小出譲治市原市長は、「市原の大きな課題は今、人口減少傾向にあること。都心から1時間で市原市に到着するので、この1時間足らずの場所にこんなに里山が残っている。市原がいいところだと知ってもらって定住人口につなげる。そんなことができたらいいな」と話した。

貨客混載のメリットは…

経営コンサルタントの松江 英夫氏は、「循環型経済」サーキュラーエコノミーにも通じる可能性がある取り組みだと思う。いろいろな利害関係者のメリットに繋がると思うが、まず物流業者は人手不足の影響低減、農家をはじめとする生産者にとっては販路拡大。また、バスや電車など公共交通機関にとっても単に人を運ぶだけではない収益源の拡大につながり、さらに環境の負荷低減にもなる」と話す。

今後の課題については『調整コスト』と指摘。

需要と供給を結びつけるコストが結構かかる。空いたスペースで荷物を運ぶので、スペースは小さく、タイミングの調整など非常に難しい。需要と供給のマッチング機能をどう作っていくのか、インフラ整備ができたら広がっていくと思う」としている。

(「プライムニュース α」11月27日放送分)

プライムニュース αの他の記事