内田前監督ら「除名」の理由 関東学生連盟 会見詳細2

国内

5月29日午後9時すぎより、関東学生連盟の会見が行われ、悪質タックル問題に関する日大の監督らに対する処分が発表された。

以下の通り。

チーム日大フェニックスとしては、公式試合の出場資格停止

2018年度シーズン終了まで3月31日までとします。

こちらにつきましても、ただし書きがつきます。

1. チームとして本件の原因究明を行い、それをふまえて実効性のある再発防止策を策定・実行し、また抜本的なチーム改革・組織改革を断行して、

2. その内容を原因究明、再発防止策、およびチーム改革、それぞれ概要をチーム改善報告書として当連盟理事会に提出すること。そのうえで、

3. 十分な改善がなされたことが検証委員会によって確認され、当連盟理事会に承認されることを条件に出場停止は解除されるというものです。