【緊急会見】「ブランド落ちないよう努力したい」日大学長強調

国内

アメフトの悪質タックル問題で、25日午後3時半から日大の大塚学長が緊急の記者会見を行った。

大塚学長は、「当該学生については、本当に彼は真摯(しんし)に自分で語るべきを述べたと思っている次第であります。監督、コーチとの話には齟齬(そご)がある。これについては第三者委員会、大学フットボールの連盟、訴えられている流れがあるので、コメントは差し控える」と述べたうえで、「真摯に受け止め、ブランドが落ちないよう気をつけながらやっていきたい。ある程度の影響はやむなしという感じでこれから回復したいという形で努力したい」と強調した。