【緊急会見】「追い込んでしまった...責任を痛感」日大・大塚学長

国内

アメフトの悪質タックル問題で、25日午後3時半から日大の大塚学長が緊急の記者会見を行った。

大塚学長は、「被害選手は報道によりますと来週くらいには練習に参加できそうだということで安堵(あんど)していますが、1日も早い回復を祈っています」と述べたほか、「本学の学生の中でも当該学生を1人記者会見の場に出させてしまったということに大学として追い込んでしまったのではないかということに対しても、その責任を痛感しているところであります」と強調した。