朝丘雪路さんも…2018年亡くなった著名人の墓碑銘 【1月~4月】

カテゴリ:芸能スポーツ

【プロ野球・星野仙一さん (70) 】 1月4日死去

プロ野球・星野仙一さんがすい臓がんのため1月4日に亡くなった。享年70歳。
1969年に中日ドラゴンズに入団し、巨人戦で闘志むき出しにして戦う姿から「燃える男」、監督になってからも「闘将」と呼ばれた星野さん。数々の乱闘シーンでも知られた。
宮城県に拠点を置く楽天イーグルスの監督に就任した直後に東日本大震災が発生。避難所を巡り子供たちを激励する姿は、東北の人たちを勇気づけ被災地と共に戦い、楽天を日本一に導いた。

【評論家・西部邁さん (78) 】 1月21日死去

評論家の西部邁さんが1月21日亡くなった。享年78歳。
保守派の論客としてテレビの討論番組などでも活躍していた。死因は自殺で、テレビ番組に一緒に出演していた知人と番組を制作していたスタッフが、西部さんの自殺を手伝ったとして逮捕され、有罪判決を受けたことも世の中に衝撃を与えた。

<関連記事>米国で広がる“死に方”の選択。評論家・西部邁氏の自殺から考えること

【政治家・野中広務さん (92) 】 1月26日死去

政治家の野中広務さんが1月26日亡くなった。享年92歳。
1983年衆議院に自民党公認で初当選。官房長官や自民党幹事長を歴任し、憲法9条堅持など自民党ハト派の重鎮として知られた。
4月に行われたお別れの会では、安倍首相が弔辞で野中氏を「平和の番人」「正義を貫き、不正を憎み、弱き者に寄り添ってこられた」と評し、社会党と組んでの自民党の政権復帰や、公明党との連立という、現在の自民党政権につながる野中氏からの遺産ともいえる功績を称えた。

<関連記事>「悪魔にひれ伏した男」野中広務はビールを1ミリも飲まない真面目で不器用な政治家だった

<関連記事>お別れの会に3000人…野中広務とは何者だったのか 自民ハト派の盛衰と政治家の情・非情

【俳優・左とん平さん (80) 】 2月24日死去

名脇役として活躍した左とん平さんが2月4日心不全で亡くなった。享年80歳。
ドラマ「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」などで人気者となり、味のある演技で見るものを引きつけた。
4月に行われた「お別れの会」の発起人の一人里見浩太朗さんは「本当にいい人、いいやつ。僕にとって何をやってても一緒で楽しいとんちゃんでしたからね。本当にもう一度会いたい人っていうのはこういう人かなと思いますね」と故人を振り返った。

<関連記事>名脇役 左とん平さんの「お別れの会」

【アイドル・大本萌景さん (16) 】 3月21日死去

アイドル「愛の葉Girls」のメンバーだった大本萌景さんが3月21日亡くなった。享年16歳。
愛媛県松山市のご当地アイドルとして「歌って踊って耕して」をキャッチフレーズに農業アイドルとして活動。野菜の収穫体験やライブステージで明るい笑顔を見せていたが、事務所スタッフや社長との話し合いを行った翌日、自宅で自殺しているのが見つかった。遺族は当時の所属事務所からのパワハラが自殺の原因として提訴した。

<関連記事>「アイドル自殺の原因はパワハラ」と遺族が涙の訴え! 事務所側はパワハラを否定

【落語家・月亭可朝さん (80) 】 3月28日死去

落語家の月亭可朝さんが3月28日急性肺線維症で亡くなった。享年80歳。
丸メガネに、ちょびヒゲ、カンカン帽がトレードマークの月亭可朝さん。1969年大ヒットとなったコミックソング「嘆きのボイン」の衝撃的な歌詞で一世を風靡したが、芸歴60周年という節目の年に旅立った。

<関連記事>月亭可朝さん(80)死去

【映画監督・高畑勲さん (82) 】 4月5日死去

アニメーション映画監督の高畑勲さんが4月5日肺がんのため亡くなった。享年82歳。
長編アニメ映画「太陽の王子 ホルスの大冒険」で初めて演出を務めると、テレビアニメ「アルプスの少女ハイジ」「母をたずねて三千里」など数々の名作アニメを演出。盟友でもある宮崎駿監督らが設立したスタジオジブリに参加、「火垂るの墓」「平成狸合戦ぽんぽこ」などの監督・脚本を務めた。2013年の意欲作「かぐや姫の物語」が監督・脚本を担当した最後の作品となった。

<関連記事>ジブリ映画の聖地が無くなる!?防災か観光かで揺れる街

【プロ野球・衣笠祥雄さん (71) 】 4月24日死去

野球選手・衣笠祥雄さんが4月24日上行結腸がんのため亡くなった。享年71歳。
1965年広島カープに入団。球史に残る大打者として活躍。17年間で2215試合連続出場を記録し、“鉄人”と呼ばれた。1987年に王貞治さんに次いで、プロ野球選手として2人目となる国民栄誉賞を受賞した。その年引退すると“赤ヘル軍団”を支えた功績を称え、背番号【3】は広島球団の永久欠番となった。

<関連記事>「誰からも愛される人だった」“鉄人”衣笠祥雄さん(71)死去

<関連記事>骨折しても強行出場しフルスイング…“鉄人”衣笠祥雄さん(71) がんで死去

<関連記事>2か月前に感じた"声のかすれ"は上行結腸がんの影響… 衣笠祥雄さん死去

【女優・朝丘雪路さん (82) 】 4月27日死去

女優の朝丘雪路さんが4月27日、東京都内の自宅で亡くなった。享年82歳。
朝丘さんは、1952年に宝塚歌劇団に入団し、1960年代にはテレビ番組「11PM」でアシスタントを務めるなどして、お茶の間の人気者となった。1973年には俳優の津川雅彦さんと再婚、「おしどり夫婦」として知られた。2011年には旭日小綬章を受章。近年は、アルツハイマー型認知症を患い、療養中だった。
夫の津川さんは会見で、妻の朝丘さんについて「あらゆることを含めて感謝ですね。娘を産んでくれたことも含めて、僕より先に死んでくれたことも含めてもう感謝だらけです。僕がね、先に死んで彼女を残すよりはいい結果になりましたね」と最愛の妻への想いを語っていたが、その津川さんも8月に亡くなった。

<関連記事>「アルツハイマー型認知症」で療養…朝丘雪路さん死去 夫・津川雅彦さん語る“感謝”

<関連記事>朝丘雪路さん(82)をしのぶ…“天然”のお嬢様だった朝丘さんの愛される理由

<関連記事>津川雅彦さん心不全で死去 妻・雪路さん追うように

<関連記事>「あと3年は…」奥田瑛二が明かす津川雅彦、最期の100日間

<関連動画>津川雅彦さん朝丘雪路さん合同葬 著名人が続々と...

関連記事>津川雅彦さん・朝丘雪路さん夫妻の「合同お別れ会」で友人たちが語った夫婦愛エピソード

<関連記事>“おしどり夫婦”津川雅彦さん・朝丘雪路さんの合同葬 娘が明かした母の“お嬢様”エピソード

追悼・・・この人の生きた道の他の記事