“危険タックル”日大選手が会見 「監督・コーチからの指示」を明言

国内

日大アメフト部の危険タックルで関学の選手が負傷した問題で、反則タックルを行った日大・宮川泰介選手(20)が日本記者クラブで会見。

監督・コーチから「つぶせ」などの指示があったと発言した。