今国会初めての憲法審査会 議論深まる見通しは立たず

国内

安倍首相が憲法改正に意欲を見せる中、今の国会で初めてとなる衆議院の憲法審査会が17日午前、開かれた。

憲法審査会をめぐっては、与党側が提案する自由討議に野党側が応じず、17日は、国民民主党の結成にともなう新たな幹事の選任のみが行われた。

これに先立ち開かれた幹事会では、憲法改正の手続きを定めた国民投票法について、各党が意見交換した。

自民党は、この国民投票法の改正をきっかけに憲法論議を加速させたい考えだが、立憲民主党などは、安倍政権下での憲法改正を認めない姿勢を鮮明にしていて、今の国会で議論が深まる見通しは立っていない。